【万年筆】 極細対決 パイロット カクノ 透明ボディ EF VS プラチナ プレピー 0.2mm

1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


低価格帯の極細万年筆の比較!

こんにちは(・∀・) 話題に乗って購入!

PILOT(パイロット) kakuno(カクノ) 透明ボディ EF
PLATINUM(プラチナ) preppy(プレピー) 0.2mm

8月1日発売の極細万年筆2本を書き比べてみました。一緒に並んでるコバルトブルーのペンは、学研ステイフルのムーミン万年筆です。プラチナのOEM(?)で、中身はプレピー0.3mm。0.2mmの方が気に入ったらムーミン軸に入れ換えようと思ってブルーにしました。手にとってわかりましたが、0.2mmのブルーのペン芯の色味は、この軸にまったく合いませんでした。入れ替えるならグレーがいいと思います。




[AD] 万年筆用インク(Rakuten)



1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


kakuno(カクノ)はパッケージ入り、preppy(プレピー)はこのままの状態。プレピーは少し値上がりしたとはいえ、それでもワンコインでお釣りがくる値段ですしね。でもプレピーの第一印象は安っぽい!でした。薄い青色が妙に安っぽく感じます。ちなみにプレピーは旧バージョンも販売しているので、ネット通販の場合は間違わないようにご注意を。

同価格の万年筆として比べるなら、PLATINUM(プラチナ)には、PLAISIR(プレジール)があります。0.3mmと0.5mmの展開で、極細はありませんが、金属軸で見た目は万年筆らしく、プレピーに比べたら高級感があります。


1060x660 PILOT kakuno Transparent


透明kakuno(カクノ)が発売されました。今までのカクノは、子供っぽいカラー展開が苦手でしたが、透明の極細が出たので購入してみました。透明ですが、軸が六角形なので、素材の濃淡や反射のせいで、それほど透明感は高くないです。キャップのロゴの顔は、san:)k(サヌーク)みたいで可愛いけど、個人的にペン先のテヘペロ顔は嫌いです。スミマセン😂




1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


kakuno(カクノ)のペン先は長いです。preppy(プレピー)はペン先が15mmなのに対して5mm以上は長いです(持てない段差部分も入れて)。ペンの下の方を持つ癖があるので、これはダメかも……。ちなみにハイエース ネオ クリアは16.5mmくらい。

インクはどちらも付属のカートリッジを挿してみました。プレピーはカートリッジを挿した直後にサラサラ書けてびっくり。カクノはしばらくインクが出てきませんでした。1分くらいはかかったかな。インクが出てからはかすれたりということはありません。


1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


ペンボイントを見たからといって、私にはよくわからないのですが、一応写真を置いときます。


1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


定規を当てて直線を引いてみました。気持ち kakuno(カクノ)だけほんの少しだけ細いかな〜?と感じましたが、インクが黒で引き締まって見えるせいかもしれないし、太さの違いはよくわかりません。後でわかったけど、英字の筆記体のようなものを書く時は、プレピーの0.2mmも少し細く感じるし、カクノのEFは極細でした。


1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


すでに試し書きで疲れていたので雑なカケアミ(久しぶりすぎ)です。やっぱり極細が特別細いという感じはありません。比較するにはインクもバラバラですし。コピー用紙に描いてますが、この中ではカクノの黒インクだけちょこっと裏抜けしてました。


1060x660 PLATINUM prppy PILOT kakuno


下手くそな字で恥ずかしいけど、一応文字も書いてみました。kakuno(カクノ)が気持ち若干細いかなという気がします。インクに濃淡がなくてスッキリと見えるのかもしれないけど、kakuno(カクノ) EFだけ他の3本に比べてちょっとだけ細い印象です。

書き心地はさほど違いはありません。どれも優秀〜。preppy(プレピー)はキャップを締める時のパチンがキツイです。でもどのペンも非力な私が片手で開けられます。個人的にはペン先の長いカクノが少し持ちにくかったかな。子供向けの誤飲対策としてキャップに空気穴開いているせいで、インクの乾燥がありえないくらい早いとか(この点だけは評価先送り)。使用する場面など、総合的に考えて、私はやっぱりSAILOR(セーラー)のハイエース ネオ クリアが好みです。特にキャップの開け閉めの軽さが好き。半透明な軸は、擦れても小傷が目立たないというメリットもあります。

不満に思う書き味の万年筆はありませんでした。本当にどれも優秀です。コスパ重視ならプレピー、女子人気ならカクノ、手帳のお供にハイエース ネオって感じ? 第一印象で好きな万年筆を買えば、そのままハズレなしだと思います(個体差のハズレはあるかもしれない)。

その後もいろいろ試し書きをして、可能な限りの弱い筆圧で細い線を引いてみました。プレピーだとたまに線がかすれたりしましたが、カクノはギリギリまで細い線が引ける感じでした。ハイエース ネオ クリアも線は引けるのですが、細さという点では、やはりカクノのEFのほうが細いです(ただしインクが違うのでその点はご理解を)。通常の使用なら大した違いはありませんが、イラストなどに使用したい方はカクノのほうが描きやすいと思います。


1060x660 PLATINUM preppy PILOT kakuno


両方に極黒を入れてみました。インクを同じものにしたら、カクノのほうが線が細かったです。上がプレピーの0.2mmで、下がカクノのEFです。画数の多い漢字ばかり書いて疲れました。極黒を入れて限界まで弱い筆圧で線を横に引くと、プレピーはインクが出てきません。縦に線を引くとどちらもかすれ気味になります。個人的には、カクノの首軸(持つ部分)が三角形風の六角形なのと、ペン先が長くて持ちにくいです。







1060x660 PLATINUM Moomin FP


学研ステイフルのムーミン万年筆。楽天で売れ残ってたものをゲット。preppy(プレピー)のデザインがあまり好きじゃないので、0.2mmが良かったらムーミンの0.3mmと入れ替えるつもりでしたが、今のところ、プレピーの0.3mmと0.2mmの違いがまったくわかりません。


1060x660 PLATINUM Moomin FP


インクは紫寄りのウルトラマリンブルーの本体に合わせて、STORiA(ストーリア)のブルーを入れました。後ろにあるのがブルーを溶いた筆洗の水。この軸の色は美しいです。preppy(プレピー)はもっとこういうの出すべき!😭

PLATINUM(プラチナ)のカートリッジには鉄球が入っている親切設計です。このカートリッジをそのまま流用するのがお勧めとのことなので、インクを抜いたカートリッジに100均の注射器でインクを詰めました。


1060x660 PLATINUM Moomin FP


これ、最終的にどこまで広がっていくんだろう……。

万年筆関係のレビューが続きましたが、実用万年筆としては、個人的には「ハイエース ネオ クリア×青墨」で落ち着いてます。他の色インクは、完全耐水でないと個人的に許せないので、顔料系のSTORiA(ストーリア)一択です。今回のカクノとプレピーを試し書きしたことで、もう十分満足です。沼には沈みませ〜ん 😂

モンテグラッパの万年筆の外側に惹かれて、最初から冒険はできないということで購入した低価格帯万年筆でしたが、書き味も満足しちゃったので、これにて終了です。デザインの美しい万年筆は画像で楽しむだけにします。


1060x660 Fountain Pens


私の持ってる低価格帯の万年筆の画像比較。

わかりやすく並べてみました。エルバンは、書ける線は細くないけど(中字のM)、価格はほぼ1000円なので並べてみました。


1060x660 Fountain Pens


ペン先。エルバンとカクノの軸に段差があるのは、この段差がインナーキャップと噛み合うようになっているからです。プレピーのインナーキャップはバネで押し戻されるようになっていて密閉度が高くなります。ハイエース ネオ クリアは、アルミキャップの内側に樹脂製インナーキャップが埋め込まれてて、こちらも乾燥しにくいように思います。


1060x660 Fountain Pens


ペンの裏側(ペン芯)です。エルバンのまだら茶色みたいなペン芯は、キプロスのキャロブの金粉が溜まってるせいです(でも金粉は出てこない〜💦)。エルバンの万年筆は掠れるって文句言ってましたが、トラディショナルインクが激渋だったせいでもありました。青墨やアニバーサリーインクだと普通に書けます。裏から見るとセーラーのハイエース ネオ クリアが一番好み。kakunoは最初に見た時、鯨のお腹を思い出しました。


追記
その後、カクノには、コンバーター(CON-40)をつけて極黒を入れました。極黒を入れてわかったんですが、本当に極細です。細く書けますね。やっぱり同じインクで比較しないとダメだな〜と思った次第。また、キャップの穴は、家にあった接着剤(コニシボンドEセット)で塞いでしまいました。先の尖ったものにボンドをつけて穴にチョンチョンと入れるような感じで塞ぐことができました。










関連記事:PAILOT パイロット インク iroshizuku<色彩雫> 山葡萄
日本の美しい自然の色を閉じ込めた万年筆用インク、全24色。
関連記事:J. Herbin エルバン トラディショナルインク
お気に入りのインク探し。かわいい渋ピンク アンティークブーケに一目惚れ。
関連記事:J. Herbin エルバン アニバーサリーインク1670
ディップペン用のキラキラ金粉入りの美麗インクを海外通販で購入。