MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法。

Office for Mac 2011の評価版のダウンロードができなくなりました

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

Office for Mac 2011の評価版がダウンロードできなくなりました。現在はOffice 365 の評価版がありますが、評価版のダウンロードにはクレジットカードの登録が必要になっています。
外部サイト:Microsoft 公式 – 家庭向け Office 365 の無料試用版ダウンロード

クレカを登録せずに、フォントのみをダウンロードできる海外サイトと、Office for Mac 2011試用版のダウンロードができる海外サイトを下にリンクしました。MSゴシックとMS明朝は、フリーウェアやシェアウェアの扱いらしいです。

プロポーショナルフォントのMS Pゴシック(MS PGothic)とMS P明朝 (MS PMincho)を含む4種のフォントは、Office for Mac 2011試用版に収録されています。

MSゴシックと MS明朝がダウンロードできる海外サイト

MSゴシック ダウンロードページ
https://www.fontpalace.com/font-details/MS+Gothic/

MS明朝 ダウンロードページ
https://www.fontpalace.com/font-details/MS+Mincho/

MS Pゴシック ダウンロードページ
https://copyfonts.com/fonts/ms-pgothic.html

MS P明朝 ダウンロードページ
https://copyfonts.com/fonts/ms-pmincho.html

Office for Mac 2011の評価版がダウンロードできる海外サイト

Office for Mac 2011の評価版 ダウンロードページ
https://www.heidoc.net/joomla/technology-science/microsoft/61-office-2011-for-mac-direct-download-links

リンク先の Japanese (Japan) MicrosoftOffice2011.dmg をダウンロードします。

使用版のインストール時のカスタマイズでフォントだけをインストール。

アプリを使わない場合は、「カスタマイズ」を選んで、フォントだけをインストールすることができます。

Office for Mac 2011

インストール時に左下の「カスタマイズ」ボタンをクリックします。

Office for Mac 2011

Officeフォントだけにチェックを入れます。他のチェックは外して、インストール ボタンをクリックしてください。

Office for Mac 2011

インストール後にフォント候補に、MSゴシック・MS明朝・MS Pゴシック・MS P明朝が現れます。

ちなみに、私の環境はいまだに Yosemiteなので、多少違うかもしれません。現在のOSで2011のインストーラーが動作するのかどうかもわかりません。

ダウンロードしたフォントのインストール方法。

ダウンロードしたフォントファイル(拡張子が.ttf)は、ダブルクリックすると文字の見本とともに「フォントをインストール」というボタンが出てくるので、それをクリックしてインストールします。

フォントフォルダに直接入れても構いません。フォントフォルダはこちらです。
システム > ライブラリ > Fonts

インストールしたフォントの削除方法。

アプリケーションフォルダにある「Font Book.app」を使用すれば、ファイル項目から削除を選べます。フォントフォルダからD&Dでゴミ箱に捨てても構いません。