【万年筆】プラチナ万年筆「#3776 センチュリー ブルゴーニュ」初めての金ペン。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ 金ペン PLATINUM Century Bourgogne

良いかどうかは使ってみないとわからない。思い切って購入!

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

初めての金ペンです。一番お手軽な14金ニブの#3776 センチュリーを買ってみました。シャルトル・ブルーとブルゴーニュで迷ったのですが、深い青色はムーミンプレピーがあるので、赤系を選びました。

ネットの画像は色味を際だたせるために赤く修正してるみたいですが、光を当てたりしないと、実際はかなり黒に近い感じです。キャップを透過した光がニブなどの金属に反射すると赤く光ります。

関連記事:今買える格安金ペン! 5000円以下と、5000円〜1万円まで。

開封のワクワク〜

青い箱はブルゴーニュの色に合いませんね。ちょっとガッカリポイントです。インクカートリッジは1本付属しています。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ 金ペン PLATINUM Century Bourgogne

キャップを後ろに付けると私にはかなり重く感じました。今回はとりあえず付属のインクカートリッジを装着。金ペンは柔らかくてヌルヌル書けると、よく言われてますよね。なので、柔らかさがよりわかるように、細軟(SF)という太さを選びました。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ 金ペン PLATINUM Century Bourgogne

#3776 センチュリーには、極細より細い超極細というものもあって少し惹かれたのですが、ここは金ペンの特徴がわかりやすいものにしてみました。使ってみるとかなり弾力があります。

そして、やっぱり多くの人が選んでるものは間違いがありません。価格に対して完成度が高い! 確かに、今までの鉄ペンとは段違いの書き心地です!

めちゃくちゃ楽しい金ペンの世界!

鉄ペンとの比較では、金ペンは紙の上での抵抗感が少なくサラサラ書けますが、弱い筆圧での違いが顕著というのはそれほど感じませんでした。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ 金ペン PLATINUM Century Bourgogne

手持ちのカクノもプレピーもハイエースネオクリアも、金ペンと比べると紙への抵抗は若干大きいのですが、弱い筆圧でもサリサリと書けています。ただ、筆圧を弱〜くするとカクノの極細に迫るくらい細い線もラクラク書けますね! そしてまったくかすれません! 多少変な角度にしても全然かすれない! スゴイスゴイ!

細軟のせいかもしれませんが、ニブに弾力があってしなるので、弱い筆圧だろうが強い筆圧だろうが受け止めてくれます。それが書きやすいと感じる理由かもしれません(とはいえ、筆圧があまり強すぎると変形するかもしれないので注意)。文字に表情を付けやすいのが金ペン。だからハマる方も多いんでしょうね。

金ペンは線に強弱が比較的つけやすい。

少し無理やりですが、筆圧弱めと筆圧強めで交互に線を引いてみました。カクノ(EF)ではあまり違いが目立ちませんが、センチュリー(SF)だと結構太さが変わります。習字のようにトメやハネをしっかり書きたい場合や、縦書きの行書草書、英文の筆記体には特に向いてると思います。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー 細軟 金ペン PLATINUM Century SoftFine

ということで、筆記体を書いてみましたが、慣れてないのでガタガタです。こちらも結構無理やり強弱つけるようにしています。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー 細軟 金ペン PLATINUM Century SoftFine

光を当てるとこんな色。葡萄のイメージで少し紫系が入ってるのかと思ってましたが、青みは感じません。ワイン色のインクを入れたくなります。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ 金ペン PLATINUM Century Bourgogne

使ってみて良かったと思います。この滑らかさが好きという方は絶対多いはず。迷っているなら一度は使ってみることをお勧めします。とはいえ、普段使い(横書きの日本語)なら、1000円程度の万年筆でも十分だと思いました。金ペンの性能は確かに素晴らしいのですが、私みたいに字が汚いともったいない気分。字のきれいな方にはぜひ金ペンを使って美しい文字を書いて欲しいな。字が××でも筆圧で困ってるなら使ってみてほしいな。

万年筆の金額は天井知らずなので、あとはもうお財布と相談ですね。私が万年筆を買ったきっかけも、海外メーカーの万年筆のデザインに物欲を刺激されたからなので、お財布が許せば好きなものを手元に置いておくのが一番幸せだと思います。安い万年筆でいろいろと遊んで、高い万年筆で気に入ったものがあれば、そちらは一生ものとして大切にすればいいし、場合によっては安い万年筆でも一生ものになるかもしれません。

#3776 センチュリーにコンバーターを装着。

長いこと買ってなかったコンバーターをようやく購入。金ペンだし、金具が金色だしってことで、金色のコンバーターにしました。それに金色のほうが200円も安いんです。

pltnm-01

さすがに金ペン(うちでは1番高い万年筆😂)には、顔料インクを入れたりせずに、普通の染料インクを入れてます。

pltnm-02

インクは赤系の深い色がいいなーと思い、同じメーカーのクラシックインクのカシスブラックを買ってみました。ブルゴーニュとカシスブラックはお似合いだとは思うけど、個人的にもう少し黒めの赤が好みかなあとも思うので、もう少し迷ってみます。

他の記事をみる:万年筆関連の記事のリスト(26)

 

 


このブログの人気の投稿

英語の筆記体の書き方、筆記体の文字のつなげ方。

MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法。

スタイルフィット・サラサセレクト・コレト・アイプラス、多色ボールペンを比較

【ルーズリーフ】自作ルーズリーフノートに適したリング5種類の長所と短所。

ゼブラ「サラサクリップ」改造のための分解と組み立て(画像付き) 替え芯を白く見せる方法

レビュー | サーモス「シャトルシェフ」意外な欠点もあり! 人を選ぶ保温調理器

レビュー | ダイソーの「写経練習帳」と「般若心経練習帳」で今すぐ始める写経!

【ジップロック弁当】漏れないスクリューロックのお弁当 容量見本を写真で紹介

【100円ショップ】ダイソー 積み重ねボックスについにフタ付きが登場!

レビュー | キンコーズで本の断裁をしてきました。本の自炊はしない派です。