投稿

【万年筆】セーラー 万年筆用顔料インク 蒼墨。さらに渋目のブルーブラック。

イメージ
こんにちは(・∀・)
わーい!蒼墨がやっと届きました。このタイプのインク瓶(50ml)は初めてです。上から見ると真四角じゃなくて長方形なんですね。そして、相変わらずラベルがかなりとんでもない位置に貼り付けられてます(予想のつくような事情なら許せるけど)。今までの瓶と比べて高さがあるので、机の引き出しには入りません。😭



前回:セーラー ナノインク 青墨




[AD] 万年筆・ボールペンのペンハウス(Rakuten)





蓋が綺麗なんですよね。光を当てると玉虫みたいな感じに青く輝くんですよ。ラベルも雲龍紙かなんかで、繊維がキラキラします。青墨と極黒はどんななのかな?






セーラーの顔料ブルー3色。ナイト・青墨・蒼墨の比較。

上段が画用紙に綿棒でささっと塗った色、下段は少しインクを多めに垂らして乾かした色です。なるべく近い色になるように補正してみました。細字で文字を書いてる時はあまり区別がつきません。乾くと違いがわかるようになります。

ネットのサンプルを見ていた時は、サンプルが逆?と思いましたが、広い面を塗ると青墨のほうが緑っぽい感じがしますが、文字で見ると蒼墨のほうが不思議なことに緑っぽく感じるんですよね。文字で見ると、青墨は赤みが出でくる濃いほうの色(中下)に近く、蒼墨は薄いほうの色(右上)に近いので、逆転して感じるみたいです。

ついでにわかりやすく言うと、
青墨→夜長
蒼墨→霜夜
みいな感じです。夜長も霜夜も持ってないけど。😂



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル










上の3つは、無理やりインクをドバーッと置いて濃淡を出して、わざと反射させながら撮ってみました。

以前、戦前戦中くらいの古書をたまに買ってましたが、蒼墨はその中にある万年筆の書き込みの色に近い気がしました。私の勝手なイメージですが、昭和初期の色といった印象で、レトロ感のある色でした。


[AD] セーラー 顔料ボトルインク 蒼墨(Amazon)


Amazon「万年筆ボトルインク」売れ筋ランキング

【万年筆】プラチナ万年筆 透明プレピー(クリスタル)でアイドロッパー。

イメージ
こんにちは(・∀・)
プラチナ万年筆の透明プレピーを買いました。正式には、プレピー クリスタルという名前です。以前、全8色のストーリアを試すためにカラーのプレピーを購入しましたが、透明プレピーがあれば透明を選んでいたと思います。赤と紫と緑はプレピーの色とストーリアの色が合っていたので、一体感があったんですが、微妙に違う色もあったので、やっぱり無色透明があればそちらにしてたかな。



前回:プラチナ プレピー カラフルな全7色




[AD] 万年筆・ボールペンのペンハウス(Rakuten)





いつものプレピーが透明になりました。ニブの種類は03(細/F)のみです。透明カクノが出た時に、02/03/05と揃えて出してくれたら良かったのになあ。コンバーターは金も銀も使えます(色が違うだけ)。銀のほうが何かと合わせやすいと思いますが、金が500円(税抜き)なのに対して、銀は700円(税抜き)です。

コンバーターは差し込めますが、プレピーって本物の万年筆とは違う構造なので、インク瓶にペン先を浸けてインクを吸い上げるのには向いていません。付属のカートリッジを空にして、スポイトかシリンジ(注射器)でインクを移し替えたほうが簡単です。

付属のインクを空にするときは、シリンジで中のインクを吸い上げて他の瓶に移し、シリンジで綺麗な水をカートリッジの奥に何度か入れると残ってたインクが流れ出て綺麗になります。淵のところに多少色が残るかもしれませんが、気にしなくてもいいです。





通常のプレピーとマーキングペンの軸との比較です。メーカー名と商品名のロゴのみでシンプルになってます。





「普通、バーコードとかってシールだよねえ」と言われていたプリントされたバーコードですが、シールになってました。写真は剥がした状態です。





ペン芯のような部分は黒軸と同じグレーになってます。



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル






傷をつけないプレピーのニブのはずし方。

プレピーは取り替え自由なので、色々と入れ替えて楽しんでいます。ニブを傷つけない外し方も教わりました。今まではミニペンチで力任せに引っ張ってましたが、それだとニブに小傷がつきます。セロテープを巻いて、合わせた部分を持って引き抜けば傷がつかないそうです。なるほどね! 太めの05に変えました。

ニブの差し替えだけでなく、首軸ごとの交換も可能です。





かねてから聞…

エレコム デザインタップ roo't(ルオット)丸型 AVT-D4-2415BK 前回失敗したけどまたデザインで選びました。

イメージ
こんにちは(・∀・)
前回、デザインに惹かれてくねくね曲がるタップを購入しましたが、これがうちの環境では失敗でした。かっちり曲がることを期待していたのに角度が固定されず、変にまがった形で転がっているので、狭い部屋では目立つし邪魔だしで、壊れてはいなかったのですが買い換えることにしました。今回のは可愛い丸型で、横挿しです。しかし、roo'tで「ルオット」って読めないですね。



前回:サンワサプライ TAP-B51BK



広告







買替え時には、使用している電化製品も変化しているため、必要な口数やコンセントの形状も変わっていたりします。最近は常時接続している周辺機器が少なくなったので、口数が少なくても平気かなと思い4個口にしました。USBがないのはちょっと不便そうでしたが、変換器もあるのでその辺は目をつむり、便利より邪魔にならない方を優先しました。


[AD] エレコム 電源タップ roo't 丸型(Amazon)



[AD] エレコム 電源タップ roo't 角形(Amazon)


私の部屋のタップは、横挿し→上挿し→横挿しと変遷してます。
横挿しのデメリットは抜き差しに多少力がいることと、 ACアダプターに厚みがあるとタップが浮き上がること。上挿しのデメリットはケーブルが壁や床に這わせにくいことです(置き場所によります)。
今回上挿しをやめたのは、常時コンセントにつないでいる太いプリンタケーブルが存在感のある放物線を描いてて、あまりにも邪魔くさかったのが理由です。





タップ部分は直径8cmくらいです。公式サイトの説明によると、「光沢感、マット調の2つの質感をもたせた高級感のあるスタイリッシュなデザイン」だそうです。デザイン性を売りにしてる商品て傷防止のフィルムが貼ってありますよね。取ろうと思ったけど何度やっても取れなくて……貼ってないみたいです。まさに、鏡面仕上げに傷防止フィルムが貼ってあるような微妙〜な質感です。😂



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル






以前よりはコンセント周りがスッキリしました。

厚みのあるACアダプターだと確実に浮きます。ただ、4個口なので、他のアダプターと干渉することはまずありません。やはり横挿しは少し面倒くさいので、耐えられなくなったら、10cmくらいの電源延長ケーブルでも追加しようと思いますが、今は使用頻度があまり多くない…