投稿

伊藤園 matcha LOVE まっちゃラブ 抹茶ジェリー 黒糖蜜入り

イメージ
こんにちは (๑´ㅂ`๑)
振って飲むストレート抹茶「まっちゃラブ」を夏の間愛飲していましたが、今度は抹茶ジェリーを見つけました。買ったのは12月の上旬くらいでした。もう寒いのにゼリーって…と思いながらもついついゲット。またまた「振ってつくる」とか書いてあります。

商品名抹茶ゼリーじゃなくて「抹茶ジェリー」でした。修正しました。



前回:振って飲む伊藤園まっちゃラブ



広告







振っても振ってもジェリーが出てこなくて飲めません。 😂

結構振ってみたのですが、飲もうとしても全然出てこないんですよ。クラッシュゼリーにするコツがわからない(ゆっくりタテに振って〜と書いてありますが)。仕方ないので箸でぐちゃぐちゃにしてグラスに出してみました。こんな感じで出できました。すっかり出てきたジェリーは泡立ってしまい写真的にお見せできない状態に。😆





単に抹茶ゼリーとしては100円程度(スーパーで購入)で215gもあって満足感あります。暑い季節ならとても美味しいと思います! 人工甘味料も使用してないため自然な甘さ。1本約80kcalです。カフェインは21mg入ってます。

こんにゃく粉も使用していますが弾力はなく、口に入れるとすぐに潰れます。絹ごし豆腐と同じか、もう少し柔らかいくらい? 喉に詰まるような危険はゼロです。





2本目。ナイフでもう少し大きめに、格子状にカットする感じでカップに出してみました。フツーに美味しい。ただ、

ゼリー飲料としては容器から出てこなくて無理!

振っても振っても振っても振っても出でこなくて無理。


Amazon「抹茶スイーツ」お勧め Rakuten「抹茶スイーツ」お勧め



広告






キンコーズで本の断裁をしてきました。

イメージ
こんにちは ᕙ( ˙-˙ )ᕗ
先日、Kinko's(キンコーズ)に行って本の断裁をしてきました。1cmまで100円で、少し厚みがあったので200円でした。店員さんが全てやってくれるので出来上がりまで待ってるだけ。あまりに安すぎて申し訳ない感じです。仕上がりも綺麗で大満足。ビジネスコンビニだけあって、断裁したあとの製本もできます。私はバラバラにして抜き差ししたかったので、穴あけなどはいつものワンサードパンチを使って自分でやることにしました。



広告







いつものリヒトラブ ワンサードパンチで穴を開けてファイリングしました。厚めの本だったので2冊に分冊。もともとアイウエオ順に並んでいたので、索引は廃棄しました(穴あけに失敗したせいもありますが…)。これで今年からくずし字をもう少し練習していこうと思います。1枚ずつ取り出して、トレペのなぞり書きから始めるつもりです。


Amazon「裁断機」ランキング Rakuten「裁断機・ディスクカッター」ランキング



広告






【筆ペン】ぺんてる筆 極細のインクのボタ落ちに疲れて携帯用を買ってみました。

イメージ
ぺんてる 「ぺんてる筆」 〈毛筆タイプ / 水性顔料インク〉

こんにちは ᕙ( ˙-˙ )ᕗ
ずっと気に入って使っていた筆ペンですが、いよいよ欠点に我慢できなくなってきました。インクのボタ落ちがひどすぎるんです。本体を押さなくてもボトボトッと落ちる時があります。手が暖かいと空気が温められてインクが多めに出やすいという説明もありますが、持った瞬間からインクが溢れることがあって、紙はダメになるし手は汚れるしで疲れてきました。穂先の弾力は一番気に入ってたけど、もっといい筆ペンがあったら乗り換えたいな。とはいえ、予備のカートリッジが7本も残っています。頑張って使い切ろう。




左側上段、インクはニュートラルな黒って感じです。中央上段の携帯用のカートリッジインクはかなり薄めです。



広告







ぺんてる筆は毛筆タイプの筆ペンで、インクは染料タイプと顔料タイプどちらもあり、カートリッジ式です(染料インクと顔料インクの互換性はありません)。種類が豊富。その中でもよくわからない「つみ穂」と「すき穂」ですが、
つみ穂は、穂先先端部のコシが強めで筆ペンビギナー向け
すき穂は穂先先端部のコシが弱めでかな文字などに最適
なのだそうです。どちらも染料インクです。

私が愛用しているのは、顔料インキ極細(品番:XFP5F)です。もう10年以上も前から使用しています。ロングセラー商品なので、久しぶりにまた筆ペンを使おうと思った時にカートリッジの互換性に困ることもありませんでした。しかし、この商品で大きな欠点が1つ、インク残量が比較的多い時のインクのボタ落ちです。


ぺんてる筆の長所と短所

⭕️ どこにでも売ってて安価で手に入れやすい
⭕️ 穂先にコシがあって筆ペンビギナーにも書きやすい
⭕️ 穂先の種類が多い
✖️ 穂先の種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない
✖️ インクの出にムラがある
✖️ インクを押し出すためボタ落ちすることがある
✖️ デザインがイマイチ →万年筆タイプ「きらり」があります






開ける締めるという動作は手が覚えてしまっている方向がありますよね。ぺんてる筆は他のメーカーと回す方向が逆になってます。いつも「あれ?」という違和感を覚えます。



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル






ぺんてる 「携帯用 薄桜鬼筆」 〈毛筆タイプ / 水性顔料インク〉

ぺんてる筆 極細の穂先が好きで愛用してま…

【筆ペン】呉竹 完美王(中字・朱墨・うす墨・極細) 期待してたけどインク漏れしてしまいました。

イメージ
呉竹 「くれ竹美文字 完美王」 〈毛筆タイプ / 水性顔料インク〉

こんにちは ᕙ( ˙-˙ )ᕗ
後発なだけあって本当によくできている筆ペンです。今回購入したのは墨色・朱墨・うす墨です。その後、発売直後にはなかった極細と太字もラインナップされて完璧なシリーズになりました。個人的には極細が欲しかったので早速購入。




中段左。インクの濃さは、しっかり濃いめです。



広告







完美王の長所と短所

⭕️ 初めて筆ペンを使う方にも使いやすい
⭕️ 安定したインクの出方
⭕️ デザインも美しい
✖️ 軸がツルツルで太めなので少し持ちにくい(慣れる?)
✖️ 若干、指先の感覚が筆先にうまく伝わらない(個人的感想です)
✖️ 滅多にないけどたまにインクがボタ落ち






こちらは極細です。コロコロ転がるのを防ぐ役割をキャップが担ってます。キャップにペンクリップもどきの出っ張りが付いてて(形が似ているだけでクリップの機能はなし)、それで転がり防止になってます。キャップを外したまま置くと転がる可能性があります。





完美王の中字と極細は、穂先の長さがこんなに違うのにキャップの大きさは同じなんですよ〜。



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル






黄色いキャップとリングを外して、カートリッジをセットします。





毛細管現象を利用してカートリッジからインクを送ります。これでほぼ100%インク漏れがありません。以前、この透明部分が汚れないと書いたのですが、極細だけは何故かあっという間にこの透明部分にインクが侵食してます。綺麗なまま維持するのは無理だったのですね〜(´・ω・`)






しばらく使ってからの汚れかた。軸内にインクが少し広がってますが、これで漏れることはありません……と、思っていたのですが、





完美王、お前もか……って感じで、キャップを開けた途端にインクがボタボタ〜!!あああー!! 寝せて保管していたのですが、しばらく使ってなかったせいでしょうか。いつも使用していれば問題ないのかもしれませんが、こちらも条件(気温の変化とか?)によってはボタ落ちがおきますね。


Amazon「筆ペン」ランキング Rakuten「筆ペン」ランキング



広告






【筆ペン】あかしや 天然竹筆ペン 鳥獣戯画 かなり気に入ってます。

イメージ
あかしや 「天然竹筆ペン」 〈毛筆タイプ / 水性顔料インク〉

こんにちは ᕙ( ˙-˙ )ᕗ
書きやすいとお勧めしてる方が多かったので買ってみました。見た目もオシャレな和風の筆ペンです。インクはカートリッジ式。極細の文字を書くのには向いていませんが、かなり太い線まで書けます。穂先は柔らかめで、書道をやっている方に評価が高い筆ペンです。あと1cm短いと私の使ってるデルデに入ったんだけどな。

最初に購入したのは漆調赤軸でした。黒っぽい筆ペンばかりの中で真っ赤な軸が目を引きました。後で自分用に「鳥獣戯画」の絵柄入りを追加。何種類かの筆ペンを使ってますが書きやすさでは総合的にあかしやが一番かも。




左列上から3番目、携帯用としてはインクの濃さは十分濃いめです。



広告







キャップ・軸・替え穂先・墨液カートリッジに分かれます。他の筆ペンと違い、替え穂先があります。壊れない限り軸はずっと使い続けることが可能なので、高級な漆塗りの蒔絵タイプなんかもあります。インクカートリッジが半透明で残量が確認できるのも良いですね。最近、中身が見えなくなってる替え芯が多いので、些細なことだけど評価ポイントです。このインクカートリッジはプラチナ万年筆のカートリッジと同じ形です。


あかしや 天然竹筆ペンの長所と短所

⭕️ 書道経験者が認める書きやすさ
⭕️ 軸の見た目がきれい
✖️ 筆ペンビギナーには穂先が柔らかくて少し使いにくいかも(慣れる?)
✖️ お店に置いてなくて通販頼み
✖️ 細字がない →使い捨ての極細毛筆「彩」があります






トーハクで鳥獣戯画展をやってた時に見つけて購入しました。京都 便利堂さんで買えます。通販OK。
竹筆ペン 国宝 鳥獣人物戯画(猿追い)
竹筆ペン 国宝 鳥獣人物戯画(相撲)





長く利用することを考えてか金属のネジ切りですね。





漆調は赤と黒があります。この白い印字は、目立たない「あかしや」だけに変わったみたい。新しいの買おうかなー。漆調の軸は使ってるうちに見えない細かい傷がすこしずつ付いていくのか、艶が微妙に消えていきます。竹軸のほうが小傷が付いても色が変わってもあまり気になりません。


[PR] あかしや 筆ペン 天然竹筆ペン 漆調(Amazon)





使い切りタイプの極細です。





彩 Sai ThinLINEと並べて。ほとんど同じです。ThinLINEは絶妙な色…

春の七草(芹・薺・御形・繁縷・仏の座・菘・蘿蔔)の区別のしかた。

イメージ
こんにちは (๑´ㅂ`๑)
七草粥の材料、七草セットを買ってきました。七草になったのは鎌倉時代からで、それ以前は七種の穀物で作られたとか。米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキとか、米、大麦、小麦、アワ、キビ、ダイズ、アズキとかの組み合わせだったそうです。
ミノってなんだろう? 葟米(ミノゴメ)という野生穀物だそうですが、それが今では何の植物だかわからなくなってしまったそうで、ムツオレグサじゃないかってことになってるみたいです。そのムツオレグサも知らなかったです。😳

さて、七草に戻ります。せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、これらの七草ですが、恥ずかしながらずっと区別がつきませんでした。最近やっと植物に興味が出てきたので、今回はじっくり観察してみることにしました。



広告







1月7日に食べる七草粥、今は春の七草もパックで売ってて簡単ですね。東京では神奈川産がよく流通してるみたいです。





七福神パッケージでおめでたい雰囲気。一応、それっぽい草を持ってますが、大根と蕪以外は見分けが難しい?



広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル






春の七草の見分け方。わかりやすいものから区別していこうと思います。


菘(スズナ)



菘(スズナ)
蕪(カブ)の古い呼び方です。アブラナ科アブラナ属。



蘿蔔(スズシロ)



蘿蔔(スズシロ)
大根(ダイコン)の古い呼び方です。アブラナ科ダイコン属。他に古名でオオネ・カガミグサとも言うそうです。ここまでの区別は簡単ですね。


御形(ゴギョウ)





御形(ゴギョウ)
オギョウとも訓みます。ハハコグサのことです。キク科ハハコグサ属。春になると茎が伸びて黄色い花が咲いてるのをよく見かけるようになります。これは伸びる前の状態。表も裏もモケモケで、うさぎの耳のような形からも区別しやすいと思います。



繁縷(ハコベラ)





繁縷(ハコベラ)
ハコベとも言います。正確には「コハコベ」という種類。ナデシコ科ハコベ属。パックで買うとかさ増し要員のようにたくさん入ってます。葉も大きいので、かさ増しに向いてるんでしょうね。縁にギザギサのない葉っぱです。



芹(セリ)





芹(セリ)
セリ科の植物。葉っぱの形で見分けやすいです。葉っぱの周囲にギザギサがあって、キザキザの先は丸い感じです。根っこも主張してるのでここも区別のポイント。一応、現代でも普通に野菜として販売されてい…