スタイルフィット・サラサセレクト・コレト・アイプラス、多色ボールペンを比較

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

太字と細字を1本にまとめたかったので多色ペンに手を出しました。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

「ハイテックCコレト」が出た頃から気にはなってました。すでに各社出揃った感もあるので、初めて使ってみることに。学生の頃なら絶対シャーペンを入れましたが、今回はシャーペンなしです(使わないのよね)。その代わり、カラーの豊富なジェルボールペンを選びました。

今回は、ホルダーのデザインの好みで左右されないように、白系の3〜4色用を買って比較してます。写真の上から順に…

  • ぺんてる アイプラス
  • パイロット ハイテックCコレト
  • ゼブラ サラサセレクト
  • 三菱鉛筆 スタイルフィット

多機能ペン、ホルダー本体の質感。

ホルダーに関しては様々なデザインがあります。ここの白軸だけで比べると、「アイプラス」は完全に普通のプラスチック〜って感じで真っ白。「コレト」が薄いパール、「サラサ」と「スタイルフィット」はしっかりパール感があります。

サラサだけ金の装飾ラインが入っていて好みが分かれそうですね。先のほうもクリスタルカットが施されていてオッサンには厳しいかと…。

アイプラスのホルダーはイヤホンジャックのマスコットが付けられるのですが、iPhoneからイヤホンジャックが消えた今…

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

ホルダーは何色用がある?

アイプラス:3色/5色
コレト:2色/3色/4色/5色
サラサセレクト:3色/5色
スタイルフィット:3色/5色/単色

限定デザインや、ちょっと高級タイプもあります。

ホルダーのクリップの有無、クリップの可動

アイプラス:⭕️(ノック棒と兼用)
コレト:⭕️(クリップは動きません)
サラサセレクト:❌→クリップありは「サラサマルチ」
スタイルフィット:⭕️(ノック棒と兼用) クリップなしもあり

リフィル(替え芯)について。

芯の感じは画像の通りで、最初の印象は「サラサ」の2ヶ所白っぽいのがウザッて感じでした(ここに太さの表示があります、明るい色だと気にならないかも)。「スタイルフィット」は光が当たると芯がキラッとして綺麗です。ケース入りでお勧め度高し。ノック棒で色がわかるのは「コレト」だけです。5色用の軸を使う場合は「コレト」がわかりやすくて良いと思います。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

基本のリフィル

アイプラス:ゲルインキ 水に滲みます
コレト:ゲルインキ 通常色は水に滲みます
サラサセレクト:ジェルインク 耐水
スタイルフィット:ゲルインク 耐水

名前の違いはありますが、基本はカラーゲルインクです。

シャーペンリフィルの有無

アイプラス:⭕️(0.3/0.5mm)
コレト:⭕️(0.3/0.5mm、消しゴム)
サラサセレクト:⭕️(0.3/0.5/0.7mm)
スタイルフィット:⭕️(0.5mm)

油性/エマルジョンのリフィルの有無

アイプラス:⭕️(ビクーニャ 0.5mm)
コレト:❌
サラサセレクト:⭕️(スラリ EK-0.5/EK-0.7)
スタイルフィット:⭕️(スタイルフィット ジェットストリーム 0.5/0.7/1.0mm)

リフィルの太さの印字の有無

アイプラス:❌(見当たりません)
コレト:⭕️(ノック棒に刻印)
サラサセレクト:⭕️
スタイルフィット:⭕️

ノック棒で色の区別は可能か

アイプラス:❌
コレト:⭕️(カラーノック棒と一体型の芯)
サラサセレクト:❌
スタイルフィット:❌
スリッチーズ(アイプラスの前のホルダー)はリフィルの上の棒で色が見える仕様でした(アイプラスは見えない)。かわりに、サラサセレクトやスタイルフィット同様、リフィル本体に色をつけてわかりやすくしています。

芯の太さとカラーの色数は?

アイプラス:0.3/0.4/0.5mm 各15色
コレト:0.3/0.4/0.5mm 各15色 新色18色が加わり33色
サラサセレクト:0.3/0.4/0.5mm 各18色、0.5mm キラキラ系5色
スタイルフィット:0.28/0.38/0.5mm 各16色

リフィルの互換性は?

アイプラス:❌(カットして→サラサ/スタイルフィット?)
コレト:❌(カットして→サラサ/スタイルフィット?)
サラサセレクト:⭕️
スタイルフィット:⭕️

サラサセレクトとスタイルフィットは完全に互換性があります。入れ替えて使えました。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

ちょっとガタってる部分もあってすみません💦 スピログラフは非耐水性のインク(アイプラス左下/ハイテックCコレト右上)のほうが描きやすかったです。色は全てブルーブラックです。

使いやすいのはどれ? 書きやすいのはどれ?

いつも使ってるのがサラサクリップなのですが、初試し書きの時に、サラサだけは「あ、いつものサラサっぽい」と感じました。微妙な書き心地の違いはあるのかもしれませんが、甲乙つけがたいです!

0.3mmでざっと書いた感じでは、一番書きやすいのは「コレト」、次いで「アイプラス」かな。「コレト」と「アイプラス」は水に濡れると滲みます。「サラサセレクト」は少し重い感じ、「スタイルフィット」は摩擦が大きい感じ。「サラサセレクト」と「スタイルフィット」は水に濡れてもほとんど滲みません。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

ペン先も違いますね。耐久性はのちほど追記します(といっても私、滅多に物を壊さないんですよね…)。

カラーリフィル(替え芯)の比較。

まず形状から。上にも書いた通り、サラサセレクトとスタイルフィットは何もしなくても互換性があります。サラサの金や銀のリフィルはそのままスタイルフィットに使えます。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

アイプラスとコレトは形状が特殊なので互換性はありません。が、細かい改造をして無理やり使ってる方もいます。

アイプラス(スリッチーズ)のリフィルは、突起部分さえなければ、サラサセレクトやスタイルフィットとほぼ同じサイズです。切り落とせば使えるようになるのかな?(インクがなくなったら試してみます)

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

↓アイプラス:リフィル15色
旧版スリッチーズの芯をそのまま流用します。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

↓ハイテックC コレト:リフィル15色+18色
カラーノック棒付きで視認性最高。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

↓サラサセレクト:リフィル18色
サラサマルチにも使えます。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

↓スタイルフィット:リフィル16色
色のわかるケース入りでスタイリッシュ。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

「ハイテックC コレト」と「サラサセレクト」のキラキラカラーを比較。

「ハイテックC コレト」のメタリックカラーは、金/銀/グリーン/ブルー/バイオレット/ピンクの6色です。

文字を書けば色味の違いがわかりますが、画像のような模様を描いた場合は違いがわかりにくいです。きらめく感じはハイテックC コレトのほうが強いです。線は薄い感じになってしまいます。

水に濡らすと、銀色はそのままですが色だけうっすらと流れる感じです。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

「サラサセレクト」のシャイニーカラーは金/銀/グリーン/ブルー/ピンクの5色です。

ハイテックC コレトより色味が強く出ます。ピンクの見本しか残っていませんが、普通にメタリックなピンク色に見えますよね。線もくっきりしています。

水に濡らしてもバッチリ耐水性でした。

多色ボールペン 多機能ボールペン スタイルフィット サラサセレクト ハイテックC コレト アイプラス

見本を作ろうと思いつつ、ホルダーにセットして放置していた結果、「サラサセレクト」に関しては全て書けなくなっていました💦 ということで、常に使う方以外は、「ハイテックC コレト」のほうがお勧めです。

他の記事をみる:ファイリング関連の記事のリスト(26)

 

 


このブログの人気の投稿

英語の筆記体の書き方、筆記体の文字のつなげ方。

MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法。

【ルーズリーフ】自作ルーズリーフノートに適したリング5種類の長所と短所。

ゼブラ「サラサクリップ」改造のための分解と組み立て(画像付き) 替え芯を白く見せる方法

レビュー | サーモス「シャトルシェフ」意外な欠点もあり! 人を選ぶ保温調理器

レビュー | ダイソーの「写経練習帳」と「般若心経練習帳」で今すぐ始める写経!

【ジップロック弁当】漏れないスクリューロックのお弁当 容量見本を写真で紹介

レビュー | キンコーズで本の断裁をしてきました。本の自炊はしない派です。

【100円ショップ】ダイソー 積み重ねボックスについにフタ付きが登場!