【万年筆】1000円以下の万年筆の比較 プレピー、カクノ、エルバン、ハイエースネオ

低価格 格安 万年筆 比較 エルバン ハイエースネオクリア カクノ プレピー


1000円以下で変える低価格万年筆の比較画像です。

こんにちは(・∀・)
本体1000円程度を目安にしています。上から…
  • プラチナ preppy(プレピー) 02/03/05
  • パイロット kakuno(カクノ) EF/F/M
  • エルバン hp2200 Mのみ
  • セーラー ハイエース ネオ クリア Fのみ
プレピーのガワだけ万年筆っぽいのが「プレジール」で、こちらも1000円(税抜き)以下で購入できます。プラ軸の見た目が嫌な方はプレジール(細字Fと中字Mがあります)ですね。安いプラ軸で何色も揃えておいて、持ち出すときだけプレジールにその日の気分で色を入れ替えるなんていうことも可能です(首軸だけ交換します)。


[AD] プラチナ万年筆 万年筆 プレジール(Amazon)



広告





低価格 格安 万年筆 比較 エルバン ハイエースネオクリア カクノ プレピー


ペン先。エルバンとカクノの軸に段差があるのは、この段差がインナーキャップと噛み合うようになっているからです。プレピーのインナーキャップはバネで押し戻されるようになっていて密閉度が高くなります。ハイエース ネオ クリアは、アルミキャップの内側に樹脂製インナーキャップが埋め込まれてて、こちらも乾燥しにくいように思います。


低価格 格安 万年筆 比較 エルバン ハイエースネオクリア カクノ プレピー


ペンの裏側(ペン芯)です。エルバンのまだら茶色みたいなペン芯は、キプロスのキャロブの金粉が溜まってるせい(でも金粉は出てこない〜💦)。エルバンの万年筆は掠れるって文句言ってましたが、トラディショナルインクが激渋だったせいでもありました。青墨やアニバーサリーインクだと普通に書けます。裏から見るとセーラーのハイエース ネオ クリアが一番好み。kakunoは最初に見た時、鯨のお腹を思い出しました。

なお、顔料系インクを入れると、普通に水洗いしただけではインクの色が完全には落ちません。他の色に入れ替えたりしたい万年筆には染料系インクを入れて遊ぶことをお勧めいたします。金粉/銀粉系インクもなかなか洗い流せず、金粉/銀粉がいつまでもサラサラと出てきます。ご注意ください。


各万年筆とコンバーターの対応は以下の通りです。
  • プレピー:700(銀)/500(金)
  • カクノ:CON-40/CON-70
  • エルバン:付属
  • ハイエース ネオ:14-0504(透明感)/14-0500(黒)

その後、カクノには、コンバーター(CON-40)をつけて極黒を入れました。極黒を入れてわかったんですが、本当に極細です。細く書けますね。CON-40は軸に何かを入れたい場合、CON-70はインクを多く入れたい場合に向いてます。
続き:パイロット カクノ(透明軸)のキャップの穴をふさぐ


プレピーはペン芯の構造が普通の万年筆と違うので、インク瓶に入れて吸い込むより、外した状態でシリンジ(注射器)でインクを入れて、インクがこぼれないように静かに装着するほうがいいかもしれません。
続き:プラチナ万年筆 preppy プレピー カラフルポップな全7色


エルバンのコンバーターは付属なので、購入時に1500円前後の価格になっています。欧州規格なので、他の欧州規格の万年筆にも流用できると思います。
続き:J. Herbin エルバン コンバーター付き 万年筆 hb22000


セーラーは新たに8色のコンバーターを発売しました(ストーリアと同じカラーリング)。今までの2種類を合わせて全10色になりました。
続き:セーラー万年筆 ハイエース ネオ クリア お手頃な1000円万年筆