ナカバヤシ「サクットカット ヒキギリ チタンコート」カーブ刃のハサミ(NH-HT175M)

640x400 Nakabayashi Hikigiri

2015年に購入したナカバヤシの「サクットカットヒキギリ」です。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

この頃はハサミに迷いまくっていた時期です。プラスの「フィットカットカーブ」の発売から、ずっと乗り遅れてたワタクシも今回ようやく新世代(?)のハサミを購入しました。実はフィットカットカーブはすでに家族が持っていて、私の100均ハサミより切りやすいな〜と常々思ってました。なので最初の候補でした。

軽い力で切れるということで登場したカーブ状の刃を持つハサミ。

「フィットカットカーブ」に続いて、新たに参戦したのがコクヨの「エアロフィット」。ただ、子供用を意識したのか、ハンドル部分の色がまったく好みじゃありませんでした。ハンドル部分の穴にも汚れが溜まりそうだなって気がして、スーパーグルーレスの宣伝文句にかなり惹かれつつもパス。

1060x660 Nakabayashi Hikigiri

その時たまたま見かけた新発売のナカバヤシの「ヒキギリ」のチタンコートが好みの色味だったことと、形が変わってたので試してみたくなりました。上下ともかなり使い込んだ後に撮った写真なので、新品感が薄いのはお許しを…。

1060x660 Nakabayashi Hikigiri

レトロな手動の断裁機の刃がこんな感じのカーブですよね。段ボールもペットボトルも確かにそんなに力を入れなくても切れますね。

640x400 Nakabayashi Hikigiri

刃の内側についてる段差のお陰で、ガムテープもくっつかずサクサク切れます、今のところ。

640x400 Nakabayashi Hikigiri

ボッテリしてるんで結構デカいです。サイズはW78×D13×H176mm。そのくせ刃渡りは意外と短い。短いけどガムテープの幅なら一回で切れます。

1060x660 Nakabayashi Hikigiri

ガムテを切りました。上段が100均のハサミで切ったもの。下段がヒキギリです。少し変な曲線になってしまいます。切り口が弧を描くような形に曲がるのはこの刃の形のせいでしょうか。幅広テープを真っ直ぐに切りたい方にはあまりお勧めできません。

640x400 Nakabayashi Hikigiri

↑上段の100均ハサミは途中でガムテの糊がくっついて切れなくなりました。それに比べたら頑張ってます。ただ、やっぱり真っ直ぐ切れるハサミがほしい!

ということで、次に買ってみたのがオルファの「リミテッド SC」です。

関連記事:オルファ はさみ「リミテッド SC」 洗練されたデザインとフォルム

関連記事:丸章工業「シルキー ネバノン 240mm」満足度1000%

1/4の力で切れるからとかなり無茶な使い方をしていたら…

硬いものをガシガシと切ってたら刃こぼれ……でも、こんな状態になっても結構使えています。2019年になってもその辺にあるものを切るのには現役です。

1060x660 Nakabayashi Hikigiri

携帯用なら「フィットカットカーブ ツイッギー」がお勧めです。シンプルな白もあります。ちょっとしてカットならこういうのでも十分ですね。

 

 


このブログの人気の投稿

英語の筆記体の書き方、筆記体の文字のつなげ方。

MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法。

スタイルフィット・サラサセレクト・コレト・アイプラス、多色ボールペンを比較

【ルーズリーフ】自作ルーズリーフノートに適したリング5種類の長所と短所。

ゼブラ「サラサクリップ」改造のための分解と組み立て(画像付き) 替え芯を白く見せる方法

レビュー | サーモス「シャトルシェフ」意外な欠点もあり! 人を選ぶ保温調理器

レビュー | ダイソーの「写経練習帳」と「般若心経練習帳」で今すぐ始める写経!

【ジップロック弁当】漏れないスクリューロックのお弁当 容量見本を写真で紹介

【100円ショップ】ダイソー 積み重ねボックスについにフタ付きが登場!

レビュー | キンコーズで本の断裁をしてきました。本の自炊はしない派です。