【ハサミ】丸章工業「シルキー ネバノン 240mm」満足度1000%のハサミに出会えました!

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

「ネバノン」最高! もうどのハサミを買おうか迷うことがなくなりました。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

2015年の年末に購入したハサミです。100均のハサミを使っていた私からしたら、税抜き4,550円(店頭価格は3000円前後)のハサミって、かなり高額商品だったのですが、大きなよく切れるハサミが欲しくて買ってみました。大きなハサミもいろいろある中で「ネバノン」に決めたのは、この名前の通りテープ類がくっつかないことと、口コミが良かったからです。

「ネバノン」のラインナップ(刃の長さ/全長mm)は次の7種類。
50/135mm右、65/170mm右、65/210mm左右、100/240mm右、100/270mmプロ、100/270mmプロハード

ガムテープ、セロハンテープ、接着剤など全く寄せ付けない!

という、メーカーさんの紹介の通り、本当にくっつきません。これが「ネバノン」のよく切れる刃です。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

粘着テープをよく切る人には本当にお勧めします。特に薄めの湿布を切る時にこのハサミの実力がわかります! サク〜ッと切れて全くくっつきません。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

「ネバノン」で切ったものと「ヒキギリ」で切ったものを並べました。切断面がガタガタなのがヒキギリです。ヒキギリもゆっくり丁寧に切るとなんとか切れますが、途中でハサミに湿布がくっついてちょっとイライラします。ネバノンはそのイライラが皆無。湿布やテーピングをよく使う方にもお勧め

NEVANON

用途にもよるけど、家庭用ならネバノン1本で済みます。

うちでは普段はガムテのカットが多いです。紙、紐、要らなくなった古着をウエスになんて時も大活躍です。一番硬いもので1mm厚くらいのプラ製品を切ったことがありますが、基本このハサミではあまり無茶な使い方はしていません。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

「ネバノン」では240mm(全長)が一番大きいサイズで、裁縫用の裁ちばさみの形をしています。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

シャキシャキとハサミを動かさなくても、ス〜〜〜ッと前に押していくだけで切れます。購入から4年、少し切れ味が鈍った感じもしますけど、コピー用紙や布くらいならまだ押すだけで切れますよ。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

240mmは右利き用ですが、210mmなら左利き用もあります

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ

ちょっと大きいので、場所はとりますが、とにかくハサミを使う場合の細かいストレスが皆無になりました。非常に気に入ってます。


[PR] ネバノン DSN-240(楽天)

小さめなのも欲しいけど、今のところ大は小を兼ねるで、1本でも十分満足しています。

良いハサミはハサミケースにしまって大切に使いたい。

「ネバノン」にはケースが付いてません。いいハサミは大切に使いたいですね。ハサミケースを探していたら、美容師さんが要らないハサミケースを格安で出品してました。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ ハサミケース

美容師用のハサミメーカーのケースで、長さは15cmくらいでサイズはぴったり。留め具は横に倒して入れてます。

丸章工業 シルキー ネバノン DSN-240 くっつかないハサミ ハサミケース

Amazonでシザーキャップを探すならこちら
楽天でシザーキャップを探すならこちらです。

関連記事:ナカバヤシ「サクットカット ヒキギリ」チタンコート NH-HT175M

関連記事:オルファ はさみ「リミテッド SC」 洗練されたデザインとフォルム