【筆記具】三菱鉛筆 uni 耐水サインペン リブ 何度もリピートしてしまう書きやすさ!

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ MyT-7 4902778138304

とっさのメモに、くっきりした太い線が気持ちいい。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

愛用のリブ、またリピートしてしまいしまた。もう買わないかな? と思っていたけど、この書きやすさにはどんなペンもかなわないのです。昭和のサインペンみたいなちょいダサな見た目ですが、水性の顔料インクで乾くと耐水性ですし、ペン先は柔らかくて(ほんのり毛筆タッチ)、ちょっとだけ強弱がつくのでとても書きやすいのです。

関連記事:サインペン、リブ・プチ・ピグマ・アクアテック・マッキーを比較!

水性染料タイプしかなかった頃は嫌いだったサインペン。

水にインクが流れるのが嫌で避けていたサインペンですが、耐水性の三菱リブに出会ってからはずっと使い続けています。それ以前は油性のマッキー極細を使っていました。

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ MyT-7 4902778138304

三菱リブ、下ろし立てと使い慣れた頃の線の太さの違い。

こんなに違うんですよ〜。徐々に潰れて太い線になっていきます。潰れてくると、縦に引くと細い線が、横に引くと太い線が書けます。ハネも可能。

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ MyT-7 4902778138304

75mmx75mm の付箋に最適な見やすさ。

ちょっと離れた所からでもよくわかります。視力にもよりますが3メートルくらい離れたところからでも読めちゃう。

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ MyT-7 4902778138304

以前は手書きの宛名書きに使ってましたが、最近は宛名書きの機会も減りました。今は75x75の付箋専用。あとは走り書きとかに使用しています。万年筆と違って、まったく気を遣わなくていい取り扱いの楽さがお勧め。

uni リブ極細は、んーいまいち出番がありませんでした。

サインペンの三菱リブに極細 0.5mmがあると知り、こちらも期待して入手。キャップ・ペン先のデザインの違い。線の太さの比較。

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ L-50 4902778477403

ゲルインクボールペンの 0.5mmより気持ち太め、ペン運びはサラサラ。デザインも余計なことをしてなくて◎。でもあまり使う機会はありませんでした。0.5mmっていうと競合が多すぎますよね。

ライバルは「ぺんてる はがきサインペン」と「パイロット スーパープチ」。

三菱リブのライバルになりそうなペンを探してみました。サインペンはペン先が柔らかめで手に負担が少ないのが特徴です。

Wikipediaで来歴をみると、サインペンが生まれたきっかけはこんな感じ。

太字しか書けなかった「マジックインキ」
→細字でも書けるように改良「ぺんてるペン(油性)」
→油性の滲みと裏抜けを改良「ぺんてるサインペン(水性染料)」

そして、さらに進化した水性顔料のサインペンで、書きやすいと評判なのがぺんてるとパイロット。

uni 三菱鉛筆 サインペン リブ MyT-7 4902778138304

ぺんてる はがきサインペン
ぺんてるは普通のサインペンも出していて、そちらは染料インクで水に流れるので注意。はがきサインペンは郵便局でも購入できます(白軸)。

パイロット スーパープチ 中字
はがきサインペンと同じくらい書きやすいと評判のサインペン。

サクラクレパス ピグマ1ミリ
製図ペンとして人気の高いピグマシリーズの中の1mmだけがサインペンのようなペン先なので、今度試してみます。ガワのデザインは好きなので。

寺西化学 アクアテックスリム 全13色

マジックインキの会社のサインペン。13色とカラフル展開。

ゼブラ 紙用マッキー 極細 全15色

油性マッキーと同じペン先だとすると、マッキーだけはサインペンのような柔らかさとは少し違うかもしれません。油性のマッキー白・金・銀と組み合わせると楽しそうです。(細字ケアというサインペンを出していたけど廃盤なのかな)

関連記事:水性顔料ペン「プロッキー」「紙用マッキー」「アクアテックスリム」