2017年7月21日金曜日

顔料インク STORiA(ストーリア)でオレンジ色を作ってみた。

セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


STORiA(ストーリア)のオレンジ色が欲しいな〜。

こんにちは(・∀・)
いつも使っているオレンジ色が欲しい!ということで、混色してみることにしました。上の写真は、イエロー(2)×ピンク(1)の割合で混ぜたSTORiA(ストーリア)をハイエース ネオ クリアに入れたところ。ニブの銀色の上のインクが微妙に不透明でイマイチ感は否めない。😂



広告




セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


オレンジを作りたかったので、レッドとピンクだけでも良かったのですが、一応イエローと全色組み合わせてみました。イエローを2滴ずつパレットに入れて、他の色は1滴ずつ加えてみました。ブルーとライトブラウンはイエローより重そう。


セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


特に混ざらないということはなく、混色は可能です。


セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


また画用紙に塗ってみました。欲しかったオレンジに近いのはイエロー×ピンクのほうかな。ということで、今回はイエロー(2)×ピンク(1)をハイエース ネオ クリアに入れました。レッドと混ぜたものは少し濃いめなので、イエロー(3)×レッド(1)のくらいの割合がいいのかも(後で混ぜてみたらこれもOKでした)。

より明るい黄緑(イエロー×イエローグリーン)もきれいですね。パープルとブルーを加えたものは、濃いめの茶色と深緑になりました。使えるのかどうかっていうと、イエロー(2)×ピンク(1)以外は万年筆には入れて使ってないのでよくわかりません。均一に混ざらないものもありそうですし。

パレットに取ったインクは乾燥すると細かい薄片になって水に均一に溶けることができなくなるようです。公式サイトにも書いてあるけど、「毎日使うこと(で乾燥させないの)が最高のメンテナンス」のようですね。混色は自己責任で。次はアンティークブーケに似た色が作れないかやってみます。😂




 
[AD] 万年筆用インク(Rakuten)



関連記事:PAILOT パイロット インク iroshizuku<色彩雫> 山葡萄
日本の美しい自然の色を閉じ込めた万年筆用インク、全24色。
関連記事:J. Herbin エルバン トラディショナルインク
お気に入りのインク探し。かわいい渋ピンク アンティークブーケに一目惚れ。
関連記事:J. Herbin エルバン アニバーサリーインク1670
ディップペン用のキラキラ金粉入りの美麗インクを海外通販で購入。