【江戸のお菓子】浅草 おいもやさん興伸 大学芋(創業明治九年)

浅草 おいもやさん興伸 大学芋


こんにちは (๑´ㅂ`๑)
明治の創業ですが、ま、お江戸のお菓子ってことで、こちらもたまにお土産でいただく、おいもやさん興伸の大学芋です。これはお勧めです〜。



広告




浅草 おいもやさん興伸 大学芋


これ、2016年の写真ですね。なので2019年は143年目です。


浅草 おいもやさん興伸 大学芋

浅草 おいもやさん興伸 大学芋


開けるとこんな感じ。お江戸のお菓子はやっぱりシンプル包装ですね。エコですわ。
テープをはずしたら、もうこのまま箱ごと電子レンジでチンします。蜜を電子レンジで温めないでと注意書きがありますが(緩くなる他にも、突沸するのかな?)、牛乳温めモードでそこそこ暖かくなる程度にしてます。冬なので暖かい大学芋が食べたい。夏は冷蔵庫で冷やすのも美味しいそうですよ。








浅草 おいもやさん興伸 大学芋


1箱500g、14〜15個入ってます。商品はお芋の種類によって、小町(こまち)・さつま・みやび・あずまの4種類あるみたいです。種類によって値段も違うのかな。食べ比べてみたいなあ。
・小町(こまち):キメの細かい口当たり(千葉県香取市産紅小町)
・さつま:上品でソフトな食感(鹿児島産紅さつまなど)
・みやび:しっとりとした食感(インドネシア産)
・あずま:鮮やかな黄金色(インドネシア・ベトナム産ベニアズマ)



浅草 おいもやさん興伸 大学芋


今回は蜜の海に溺れてる感じです〜。


浅草 おいもやさん興伸 大学芋


取り分けた後もこんなに蜜が残ってます。たぷたぷです〜。この蜜が甘くて美味しいんですわ。これでもかってくらい甘い。😂 インターネットでお取り寄せもできますよ。



広告