レビュー | エルバン「香り付きインク」最初はこんな香りありえねー!と思って寝かせてました

1080 J. Herbin Perfumed Ink

乙女心をくすぐり続けるエルバンさんの香り付きインク〜!

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)
なんかくすぐり方がうまいのですよね、エルバンて。香り付きと聞いたら試してみたくなるじゃないですか。他のエルバンのインクを買うついでに買ってみました。

当時は期待が強過ぎたんでしょうか…。

わくわく…開封〜! ……はあ?! なんのニオイ、これ、ありえん…

1080 J. Herbin Perfumed Ink

なんかタイトルと全然あってない変な薬品臭にしか感じられなくて、失敗した〜と思いました。そのまま放置すること数年。

断捨離しよう…ああ、あのインク…あれから2年半経ってます。

手放すにしても最後にちょっと試し書きしてみようか、と思い全色万年筆にセットしてみました。私のハイエースネオクリアも経年で小傷が増えまくってます。それでもやっぱり透明ペン芯ステキ!

1080 J. Herbin Perfumed Ink

インクを入れてる時に、ん?チョコのニオイする? って、見たらカカオでした。チョコって言うとどうかって気もするんですが、あま〜い感じの香りがします。全然期待してなかったのが良かったんでしょうか。画像の並びの順番で、

  • カカオブラウン
  • オレンジアンバー
  • ヴァイオレットパープル
  • ラベンダーブルー
  • ローズレッド
  • アップルグリーン
  • 新色レモングレーン

色は原色系の基本色できれいな感じではあります。
それぞれ、久しぶりに香りを確認してみると、それっぽい感じはします。スミレの香りは私よくわからないので、スミレだけは疑問ですが…。香りって好き嫌いあって難しいですし、個人的にはリピートする気はありません。

色見本、そのうち載せたいと思います。 ローズは筆で塗ったりするときれいなローズ色ですが、細い文字になると意外と濃いめで黒っぽいです。オレンジアンバーとアップルグリーンは薄めの色で視認性イマイチでした。