【メモと付箋】リヒトラブ 「AQUA DROPs ツイストメモ」と「ツイストノート メモサイズ」の違い

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

片手でとじ具が開ける「AQUA DROPs ツイストメモ」(N-1761) 登場!

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

左が新製品、右に置いてあるのは従来の「ツイストノート(メモサイズ)」N-1661です。リング穴はどちらも8穴ですが、メモサイズの72mm×125mmに対して、新製品のツイストメモは76mmx115mmで、用紙単体ではA7サイズに近く、手の中に収まりやすいサイズになってます。

以前、メモ用紙にはマルマンのルーズリーフミニ(B7変形)がいいと書きましたが、持ち出すとなると、かさばらなくていい小さめのサイズが重宝します。メモパッドのようにどんどん切り離していくタイプと違い、メモの順番を入れ替えたり補充したりできる点もメモサイズやツイストメモがお勧めな点です。

ツイストメモの中身の用紙は少し線が濃いめの6mm罫です。

新製品のツイストメモは6mm罫です。新製品のほうが少し紙にハリがあるような気がしないでもないです。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

メモサイズは5mm方眼。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

メモを折り返している時だけ片手で開くことができます。

画像のような状態で、オレンジ色の部分を持って内側に力をかけるとリングが開くようになってます

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

力が加わると開く仕組みなので、鞄の中で勝手に開いてバラバラにならないか心配になりますが、メモを閉じた状態だと力を加えても開きません。何度もやってみましたが、閉じた状態では開く方向にうまく力が伝わらないみたいです。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

よく考えられてるな〜と関心したのですが、なら従来品でも同じ場所を押せば開くのでは?と思い、やってみたら片手で開きました。押す位置をテプラやマステやシールでマーキングしておけば、裏技みたいな感じで使えますね。

それ以前にメモを片手で開かなければならないようなシーンで、更にメモ用紙を入れ替えたり追加する機会があるかって考えてみると、そんなハードモードなメモ取りは私には必要ありませんでした。😂

基準枚数で70枚入るリングはいいかもしれない。

新製品のツイストメモは70枚用のリングです。もっと枚数が欲しかった方にはお勧めです。ツヤありのプラっぽい黒しかないのがイマイチですが……。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

メモサイズは薄さも求めてなのか、40枚用の小さなリングです。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

表紙の色と質感。いつものアクアドロップスと同じです。

黒だと思って買ったのがブラックブラウンという色でした。ビジネスマン向けを意識してるのか、濁った感じの色や暗い色が6色中4色。AQUA DROPsの水玉がついてるのも相変わらずです。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761

個人的にこの水玉模様は要りません(アクアドロップス全否定💦)。メモサイズの方はそうでもないのですが、このツイストメモのブラックブラウンの表紙は、水玉模様のセンターがずれてて適当なとこに水玉があってイラッとします。

リヒトラブ 片手で開く ツイストメモ N-1761