【ファイル】リヒトラブ ツイストノートとじ具とツイストリング製本用とじ具の違い。

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い


リヒトラブのワンサードパンチ×とじ具でファィリング。

こんにちは(・∀・)
ファイリング文具ではあちこち寄り道しましたが、今ではワンサード34穴パンチと、ツイストリング製本用とじ具を使用することが増えました。ある程度の量のファイリングをする方には、この組み合わせがお勧めです。互いの能力を引き出すようなベストな組み合わせです。(写真に写ってるパンチは違うもの💦)



広告




1060x660 Ring Notebook


本題に入る前にリングノート3種類について説明しておきます。

リングノート形式には一般的に以下の3種類があります。
  1. スパイラルリングノート
  2. ダブルリングノート(1/3インチピッチ)
  3. ルーズリーフ(JIS規格)

スパイラルリングノートは上から下まで1本の金属ワイヤーが螺旋状になってる綴じ方です。基本リングから外せないノート。
ダブルリングノートは最近のリングノートに一番多い綴じ方で、両側から挟む感じで綴じてあります(1/3インチピッチではないものもあります)。リムーバーがあればリングを外すのも簡単です。
ルーズリーフはリーフで販売されていて最終的にバインダーのリングに閉じるノートです。ノートタイプとしては、コクヨのキャンパスバインダー スマートリングがあります。


リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い


ツイストノートとじ具とツイストリング製本用とじ具の違い。

1/3インチピッチのリーフを使用したい時に便利なのがリヒトラブのとじ具です。「ノートとじ具」と「製本とじ具」の2種類あります。

ノートとじ具は、リングに表紙と裏表紙が付いた3点セットが1つだけパッケージされたものです。表紙付きで、A5とB5のサイズ展開です。

製本用とじ具はリングだけの4本セットです。ビジネスシーンでのファイリングを想定しているのか、表紙は別売りで、B5とA4のサイズ展開です。

基本、下のようなラインナップになってます。
  • N-1840 ツイストノートとじ具 A5(24穴)40枚
  • N-1841 ツイストノートとじ具 A5(24穴)100枚
  • N-1842 ツイストノートとじ具 A5(24穴)150枚
  • N-1845 ツイストノートとじ具 B5(29穴)40枚
  • N-1846 ツイストノートとじ具 B5(29穴)100枚
  • N-1847 ツイストノートとじ具 B5(29穴)150枚
  • N-1817 ツイストリング製本用とじ具 B5(29穴)40枚
  • N-1818 ツイストリング製本用とじ具 B5(29穴)100枚
  • N-1820 ツイストリング製本用とじ具 A4(34穴)40枚
  • N-1821 ツイストリング製本用とじ具 A4(34穴)100枚
  • N-1822 ツイストリング製本用とじ具 A4(34穴)150枚








リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い


ダイソーのダブルリングノートは穴の数が合いません。

最初はダイソーのダブルリングノートを移し替えようと思ったんですよね。表紙が汚れたり、書き損じ多数で枚数が減ったりした複数のノートの残り部分をこれでまとめられると思って購入したとじ具ですが……まあ、結果を言ってしまうと、穴数が微妙に合わず使えませんでした。


リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具


こんな感じです。穴のピッチは世界標準なのですが、ノートの穴の数は決まっていないようで、同じB5やA4のサイズでも穴の数が違うことがあります。ダイソーのダブルリングノートは見た限り全部穴数が違ってました。😂


リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具


無理やりリングに通してみましたが、


リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具


滑りが悪くて閉じません。紙質と枚数のせいかもしれません。その後、超円高も終わったせいなのか、100円ショップのノート類は書き心地も手触りも苦手な紙が増えてきました。最近は100円ショップの文房具を買う回数も激減しています。






広告