【1/3インチ】リヒトラブ「ツイストノートとじ具」と「ツイストリング製本用とじ具」の違い

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い

リヒトラブのワンサードパンチと「とじ具」でファィリング。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

ファイリング文具ではあちこち寄り道しましたが、今ではワンサード34穴パンチと、ツイストリング製本用とじ具を使用することが増えました。ある程度の量のファイリングをする方には、この組み合わせがお勧めです。互いの能力を引き出すようなベストな組み合わせです。(写真に写ってるパンチは違うものです💦)

本題に入る前にリングノート3種類について説明しておきます。

1060x660 Ring Notebook

リングノート形式には一般的に以下の3種類があります。

1. スパイラルリングノート
上から下まで1本の金属ワイヤーが螺旋状になってる綴じ方です。基本リングから外せないノート。

2. ダブルリングノート(1/3インチピッチ)←これです
最近のリングノートに一番多い綴じ方で、両側から挟む感じで綴じてあります(1/3インチピッチではないものもあります)。リムーバーがあればリングを外すのも簡単です。

3. ルーズリーフ(JIS規格)
リーフで販売されていて最終的にバインダーのリングに閉じるノートです。ノートタイプとしては、コクヨのキャンパスバインダー スマートリングがあります。

「ツイストノートとじ具」と「ツイストリング製本用とじ具」の違い。

1/3インチピッチのリーフを使用したい時に便利なのがリヒトラブのとじ具です。「ノートとじ具」と「製本とじ具」の2種類あります。

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い

ノートとじ具は、リングに表紙と裏表紙が付いた3点セットが1つだけパッケージされたものです。A5とB5のサイズ展開です。表紙は薄めのPP製であまり耐久性はありません。

製本用とじ具リングだけの4本セットです。ビジネスシーンでのファイリングを想定しているのか、B5とA4のサイズ展開です。

リヒトラブ「ツイストノート」のとじ具(リング)の開け方。

初めて使う方には少しわかりにくいのですが、下の画像の様にリング近くの左上と右下のリーフの部分を持って、斜めに軽く引っ張ってください。リーフを2枚以上挟んでないと開けにくい仕様です。もしリーフを入れずに閉じてしまったら、リングの噛み合わせを外すようにして手で上から開いていってください。

リヒトラブ ツイストノート とじ具 リングの開け方

挟んでいるリーフが少ないと開いても全開ににならない時があります。

「ツイストノートとじ具」と「ツイストリング製本用とじ具」のラインナップ。

ツイストノートとじ具

  • N-1840 A5(24穴)40枚
  • N-1841 A5(24穴)100枚
  • N-1842 A5(24穴)150枚
  • N-1845 B5(29穴)40枚
  • N-1846 B5(29穴)100枚
  • N-1847 B5(29穴)150枚

ツイストリング製本用とじ具

  • N-1817 B5(29穴)40枚
  • N-1818 B5(29穴)100枚
  • N-1820 A4(34穴)40枚
  • N-1821 A4(34穴)100枚
  • N-1822 A4(34穴)150枚

同じダブルリングでも穴数の合わないものがあります。

JIS規格のルーズリーフと違って、1/3インチピッチのダブルリングでも、穴数が1つ少なかったり多かったりするノートがあります。市販のノートをバラして、とじ具で綴じようとしても合わないということがあるので、注意が必要です。

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具 違い

ダイソーのダブルリングノートを移し替えようと思いましたが、穴数が合わず使えませんでした。

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具

こんな感じで穴が1つ足りません。無理やりリングに通してみましたが、使い勝手が悪くて却下。

リヒトラブ ツイストノートとじ具 ツイストリング製本用とじ具

A5とB5はリヒトラブの「ツイストノート 専用リーフ」がお勧めです。

穴数を気にすることもないし、紙質も良くて裏抜けしません。種類は下の通り。

A5:横B罫・横A罫・無地・方眼・薄色方眼・マンスリー
B5:横B罫・横A罫・横A罫スリット入・無地・方眼・薄色方眼・方眼十字

他の記事をみる:ファイリング関連の記事のリスト