絶対お勧め!博物館と美術館に持っていく双眼鏡は「ペンタックス パピリオ」単眼鏡なら「ビクセン アートスコープ」

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

50cmの近さで見られる双眼鏡はこれしかないから!

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

博物館・美術館好きの先輩がお勧めする双眼鏡です。どれがいいかとか悩まずに「パピリオ」を買えばいいだけです!

小さな展示物の特別展が多かった時に、半信半疑で買ってみました。博物館人生が少なくとも6.5倍は向上した気がします。名前からして昆虫観察用に開発したものなのかなーと思いますが、50cmの距離で合焦できるという機能のおかげで博物館や美術館での鑑賞に使用される方が多いみたいです。

50cm先で合焦できるから、平置き展示もよく見えます。

現在販売されている双眼鏡の中で50cmで合焦できるのはパピリオだけ。巻物や標本など、平置きで展示されたもの(目からの距離が近い物)はパピリオでしか見ることができません。ガラスケースに平置き展示されている巻物とか1メートルも離れて見ますか? そんな背の高い人いませんよね? ピントが合う距離(最短合焦距離)が重要なんです

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

先日行った時にパピリオを持って行ったら、↓こんな感じで見えました!

双眼鏡パピリオで見ると、細部がよく見えて本当に感動!

トーハクの自在置物の展示コーナーにあった「花籠形釣香炉」。照明はあまり明るく感じないし、金属部分は黒っぽいし、細かいところまで肉眼ではよく見えません。それが、パピリオを覗くとこんな感じ!

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

写真を擬似的に6倍にしてますが、まさにこんな感じで細かい部分までよく見えます。老眼の方も裸眼で調節できますよ!

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

トーハクの「ギリシャ展」で初めて使用しましたが、小さな宝飾品や金細工がよく見えて感動しました! 光による劣化を防ぐためか、最近の博物館はかなり暗いことが多いですよね。暗い中で退色した巻物を肉眼で見ても何も見えないけど、パピリオで見ると黒ずんでいる部分の描き込みも見えるんです。茶色一色に見える仏像の服の文様も見えるし、見逃していたものがこんなに多かったんだと驚きます。本当にお勧めです!

パピリオには2種類ありますが、6.5倍がお勧め。

パピリオには6.5倍と8.5倍があります。どちらのスペックも双眼鏡としてはわりと標準的です。近くのものを見る時は倍率が大きいと手ぶれで見づらくなるため、博物館や美術館での使用に限定するのなら6.5倍がお勧めです

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

メガネを掛けても掛けなくても、左右の視力が違っても調整できます。

購入直後に、取扱説明書を見ながら自分の目にあわせて調節してください。実際に使用すると、きれいに見えるかどうかは眼幅調整が一番重要だと感じます。両目で見て中央に正円が1つ見える状態がベストです

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

見る時は、ピント合わせリングをクルクル回すだけです。

一度調整するとあとはピント合わせリングを回すだけです。視力があまりにも違う人同士での会場内での貸し借りは難しいかも。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

双眼鏡を覗いてると周囲が見えなくなるので混雑しすぎの特別展などでは気をつけたいと思います。いつまでも前を占領している迷惑な人がいますよね。双眼鏡を使えば高めの展示位置なら前列を避けて見ることもできます。

ちょっとデザインが女性向けでは……

なかなか購入に至らなかったのはこのデザイン。ちょっとゴツくて女性向けではありません。重さは300gほど、それほど大きくはありませんが、もう少しスタイリッシュだといいのにな 〜。こんなゴツいデザインの双眼鏡はどうしても嫌、絶対ダメという女性には、Nikonの「遊」をお勧めします。倍率は4倍ですが、最短合焦距離が1.2mで、壁の絵画には丁度いいと思います。カラーも4色展開でオシャレです。

ミュージアムショップでも販売しているビクセン アートスコープ。

単眼鏡の良いところは、双眼鏡では眼幅が合わないと使えませんが、単眼鏡ならそういうことはありません。また、大きな双眼鏡と違って、いつもバッグやポケットに入れておけるので、忘れるということもありません。パピリオは普段からカバンに入れておけるサイズではないので、ここぞという展示で忘れたことが何度かあります。💦

6倍のパピリオを擬似体験。

茶碗の細部もよく見えます。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

少し離れた天井の作りもよく見えます。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

古くて黒っぽくなったものもよく見えます。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ケースはイマイチ(ベルト通し有り!)。

素材感はそんなに悪くないと思うんですよ。内側のクッション性もいいし。ただ、フタの縫製が立体的なんだけど、うまく形にならずに変な凹み方をします。私のだけかもしれないけど。かわりに柔らかいカメラケースを買いました。ハクバのSPG-SF-CCSがピッタリでした。ストラップの取り外しはとても簡単です。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21