博物館と美術館にお勧めの双眼鏡と単眼鏡。ペンタックス パピリオ・ビクセン アートスコープ。

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


50cmまで近づいて観察ができる、PENTAX Papilio II 6.5x21

こんにちは(・∀・)
博物館・美術館好きの先輩がお勧めする双眼鏡「パピリオ」です。小さな展示物の特別展が多かった時に、半信半疑で買ってみました。博物館人生が少なくとも6.5倍は向上した気がします。名前からして昆虫観察用に開発したものなのかなーと思いますが、50cm先から合焦できるという機能のおかげで博物館や美術館での鑑賞に使用される方が多いみたいです。



広告




ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


50cm先で合焦できるから、平置き展示もよく見えます。

現在販売されている双眼鏡の中で50cmで合焦できるのはパピリオだけなのだそうです。巻物や標本など、平置きで展示されたもの(目からの距離が近い物)はパピリオでしか見ることができません。以前に古代オリエント博物館の展示品が小さすぎて見えない〜と愚痴を言ったことがありましたが、先日行った時にパピリオを持って行ったら、↓こんな感じで見えました!


ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


双眼鏡パピリオで見ると、細部がよく見えて本当に感動!

トーハクの自在置物の展示コーナーにあった「花籠形釣香炉」。照明はあまり明るく感じないし、金属部分は黒っぽいし、細かいところまで肉眼ではよく見えません。それが、パピリオを覗くとこんな感じ!


ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


写真を擬似的に6倍にしてますが、まさにこんな感じで細かい部分までよく見えます。トーハクの「ギリシャ展」で初めて使用しましたが、小さな宝飾品や金細工がよく見えて感動しました! 光による劣化を防ぐためか、最近の博物館はかなり暗いことが多いですよね。暗い中で退色した巻物を肉眼で見ても何も見えないけど、パピリオで見ると黒ずんでいる部分の描き込みも見えるんです。茶色一色に見える仏像の服の文様も見えるし、見逃していたものがこんなに多かったんだと驚きます。本当にお勧めです!

[AD] PENTAX 双眼鏡 PAPILIOII6.5×21(Amazon)


なかなか購入に至らなかったのはこのデザイン。ちょっとゴツくて女性向けではありません。重さは300gほど、それほど大きくはありませんが、もう少しスタイリッシュだといいのにな 〜。あとは個人的理由なのですが、観光地望遠鏡などもうまく見ることができず双眼鏡に苦手意識がありました。パピリオも最初覗いた時は真っ暗で泣きそうになりましたが、これは眼の幅があっていなかったせいで、きちんと調整すれば大丈夫です。ただ、稀に目の幅がどうしても合わない方もいるようです。



[AD] Nikon 双眼鏡 遊 4X10D CF(Amazon)

こんなゴツいデザインの双眼鏡はどうしても嫌、絶対ダメという女性には、Nikonの「遊」をお勧めします。倍率は4倍ですが、最短合焦距離が1.2mで、壁の絵画には丁度いいと思います。カラーも4色展開でオシャレです。



広告





ミュージアムショップでも販売しているビクセン アートスコープ。

単眼鏡の良いところは、双眼鏡では眼幅が合わないと使えませんが、単眼鏡ならそういうことはありません。また、大きな双眼鏡と違って、いつもバッグやポケットに入れておけるので、忘れるということもありません。パピリオは普段からカバンに入れておけるサイズではないので、ここぞという展示で何度か忘れたことがあります。😭

パピリオを購入する前は、家族の単眼鏡を借りて博物館に持って行きました。コスパ的に評判の良いケンコーの7倍の単眼鏡でしたが、覗いても真っ暗になったり真っ白になったり、まつ毛が見えたりで、とても合わせにくかったです。慣れもありますが、片目で覗くのは向き不向きもあるようです。



[AD] ビクセン アートスコープH4×12 11301-9(Amazon)


[AD] ビクセン アートスコープH6×16 11305-7(Amazon)


[AD] ニコン モノキュラー HG5X15D(Amazon)







ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


パピリオの性能について、簡単に説明。

6.5x21という数字は、倍率が6.5倍で、対物レンズ有効径(上の写真:対象物に向けるレンズの直径)が21mmという意味です。パピリオには6.5倍と8.5倍があります。どちらのスペックも双眼鏡としてはわりと標準的なようです。近くのものを見る時は倍率が大きいと手ぶれで見づらくなるため、博物館や美術館での使用に限定するのなら6.5倍がお勧めです。


ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


メガネを外しても、メガネしてても使えます。

視力は個人差大きいので、全員がOKとは言えませんが、視力が良くない私が裸眼で調節すれば、裸眼でも見られるようになります。
裸眼で見る場合は、接眼部分(目当てリング)を引き出して使用します。眼鏡をかけて見る場合は、目当てリングを収納した状態で使用します(上写真の右は引き出した状態)。二段階に伸ばせるので自分に合った状態にできます。

次に左右の鏡体を動かして眼幅調整をします。きれいに見えるかどうかは、この眼幅調整が重要だと実際に使用していて感じます。両目で見て中央に正円が1つ見える状態がベストです。


ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


見る時は、ピント合わせリングをクルクル回すだけです。

最後に視度調整をします。左右の視力が違う場合はこれで調節できます。一度調整するとあとはピント合わせリングを回すだけです。自分の視力に合わせるので、視力があまりにも違う人同士での会場内での貸し借りは難しいかも。

双眼鏡を覗いてると周囲がまるで見えなくなるので混雑しすぎの特別展などでは気をつけたいと思います。いつまでも前を占領している迷惑な人がいますよね。高めの場所の展示位置なら少し離れて見ることもできます。


では、6倍のパピリオを擬似体験してみましょう!

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21

ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


ほんっとにお勧め!!!


ペンタックス 双眼鏡 パピリオ 博物館 美術館 鑑賞 PENTAX Papilio II 6.5x21


ケースはイマイチ。オジサマ向け(ベルト通し有り!)
素材感はそんなに悪くないと思うんですよ。内側のクッション性もいいし。ただ、フタの縫製が立体的なんだけど、うまく形にならずに変な凹み方をします。私のだけかもしれないけど。かわりに柔らかいカメラケースを買いました。ハクバのSPG-SF-CCSがピッタリでした。個人的に付属の一眼レフみたいなストラップも好きじゃないんですが、ストラップの取り外しはとても簡単です。



[AD] HAKUBA カメラケース SPG-SF-CCSBK(Amazon)






広告