フカイ工業「ウエット&ドライ ハンディクリーナー」FBC-777、乾電池で使えます!

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777

軽くてちょこっとゴミを吸い取れる電池式のハンディクリーナー。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

以前、ハンディクリーナーを買った時は、吸塵力の強いほうがいいと思ってパワーの出るコード式にしました。でも最近、ちょっと掃除機かけたいなという時に、太くて長いコードにイライラ。コードは邪魔で引っかかるし、その上本体も重くて疲れてしまいました。重いといっても1.5kgなんですが、ハンディクリーナーで1.5kgあると妙にズッシリきます。

軽くてコードレスの掃除機が欲しい! 軽さに絞って購入したフカイ工業のWET&DRY ハンディクリーナーは820gと超軽量。今までのほぼ半分です。

単3の乾電池/充電池以外は不要。充電器の煩わしさもありません。

届いたら充電式の単三電池を4個入れさえすればすぐ使えます。充電器やコードも一切なし。めちゃくちゃスッキリします。充電済みのエネループを置いてあれば充電時間も不要です。

電池の取り外しは赤い紐を引っ張るだけで非力な私でも簡単にできました。蓋も割と開けやすくなってますが、爪が痛いのでマイナスドライバーなんかを使ったほうがいいと思います。

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777

世の中は充電器やそのためのコードだのと余計なものが必要なバッテリー式ハンディクリーナーがメインで、乾電池式は他には山善くらいしかありません。デスク用の小型のものはありますが。

時々使用する程度なら電池で半年くらいは持ちました 。レビューではあっという間に電池がなくなると書いてる方もいますが、電池容量と使用頻度のせいなのかな。吸い込みが弱くなったと思った時に交換していますが、いつ交換したかなと感じるくらい長持ちしています。使用しているのは白いエネループです。

集塵ケースの掃除はちょっと面倒。

透明なカバーを外すとフィルターが見えます。ただの不織布が1枚覆ってるのをリングで止めてあるだけです。この不織布部分に細かい粉のようなゴミが集まります。

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777

不織布を被せた上にティッシュを乗せてリングで止めると、フィルターをしばらく洗わなくても使用できます。吸い込む力も変わりません。大きめな綿ぼこりや髪の毛は透明カバーの方にたまりやすいです。紙パックに比べたらゴミ捨てが少し手間ですね。

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777

埃が舞い散るし、手も汚れるので、その点で無理と思う方も多いかも。私もゴミ捨ての時には気分が凹みます。

用途が合えば吸引力は十分。埃・食べこぼし・毛髪などはOK!

お世辞にも強いとは言えない吸引力ですが、掃除の目的がちょっとした汚れなら十分使えます。あと狭いところに使用するのにも便利です。ノズルをつけてンポイントで吸えば問題ありません。

デザイン的には色がまったく好みじゃなくて仕方なくパープルにしました。せめて色つきの部分をグレーとかにしてくれたらよかったのに。マイナーチェンジで色を変えてほしいですね。3色とも変な色で選びようがありませんでした。

作りがひどくて、メリットが感じられない方にはお勧めできません。

電池式で軽いという点だけで愛用していますが、ノズルが固くてここまでしかハマりませんでした。これ以外のノズルは使用しないのでムリヤリ押し込んでみましたが、きっちりハマりませんでした。隙間は空いてないので構いませんが、製品としてはあまりに酷すぎ。

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777

細かいゴミが落ちてないカーペット気持ちいいです! (ふかふか系のカーペットの掃除には向いてません)

掃除機といえばマキタかダイソンかって感じですね。マキタはホースとノズルを外して1kgを切るものがあります。ダイソンのハンディクリーナーは一番軽くて1.44kg、まあコードレスならなんとか扱えるかなって重さです。問題はバッテリーです。リチウムイオン電池の充電は500回くらいで性能が落ちるので、よく使用する物は大抵2年の寿命です。ガンガン掃除するか(マキタ)、お布団のダニを吸い取りたい(ダイソン)といった目的があればお勧め。吸塵力とコスパでいったらマキタが良さそうです。