【おうちコーヒー】カジュアルプロダクト「カフェテリア コーヒードリッパー」日本製ですよ

CASUAL PRODUCT カフェテリア コーヒードリッパー日本製 燕 三条

ひとりでコーヒー1杯飲みたい時のオシャレアイテム。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

増税前に、Nespresso Inissia なんかどうかなーと思ってたのですが決心がつかず、コーヒードリッパーを買ってしまいました。めんどくさがりなので普段はインスタントなのですが、たまには香りの良いコーヒーも飲みたくなります。

でもペーパーフィルターを保管するのが嫌なので(使い切らないうちに古ぼけてしまう)、ペーパーレスという選択をしてみました。このコーヒードリッパー、どうなのかな?と思って検索してみると、以前スタバのショップで扱ってたみたいなので、コーヒーショップで扱うくらいならいいんじゃないのかなと思いました。

きっちり作ってある日本製。

フィルターのメッシュの部分はこんな感じ。キメが整ってて非常に精巧な感じです。ここに挽いたマメを直接いれます。豆の挽き方は中挽き〜粗挽き。それより細いと目に詰まってしまうそうです。豆を蒸らしてからお湯を少しずつ注いでいきます(淹れ方はパッケージに書いてあります)。

CASUAL PRODUCT カフェテリア コーヒードリッパー日本製 燕 三条

外側のステンレスカップ(本体)にはこんな穴があいてます。金属フィルターを通ったコーヒーが、このカップで調節されてポタポタとコーヒーカップに落ちていきます。フィルターからコーヒーのカスを捨てる時がちょっと面倒ですが、個人的にはペーパーフィルターの保管よりこちらが好みです。金色のメッキ(?)はけっこうすぐにとれました。

CASUAL PRODUCT カフェテリア コーヒードリッパー日本製 燕 三条

金属メッシュタイプもいろいろ増えましたね。

挽いた豆からコーヒーを淹れるのが好きならお勧め。

ひとりでのんびりコーヒー飲みたい時にはちょうどいいです。こじんまりしてるので邪魔にもなりません。会社(青芳製作所)が金物の町「燕・三条」にあったのも購入理由。一日に何杯も飲むとか、数人分をまとめて淹れるのには向いてません。一人暮らしアイテムですね。

言われてる金属臭ですが、手の脂質が触媒作用によって臭い物質に変わるからだそうです。金属そのものが悪いわけではありませんが、脂質とか環境の個人差があるので、金属臭をいつも強く感じる人には不向きです。

その後、しばらくして、我が家はドルチェグストを購入。そして更にネスプレッソを購入。めんどくさがりの私でも美味しいコーヒーが簡単に飲めるので、コーヒードリッパーを使う機会はなくなってしまいました。お気に入りの豆があるとか、抽出まで含めてコーヒータイムを楽しみたい方にはいいと思います。