投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

カッティングマットで作業環境を美しく。グッドデザイン賞を受賞した日本製のMIWAX。

イメージ
MIWAX ミワックス カッティングマット MX-A2-W 新たに購入。

こんにちは(・∀・)
去年新しいカッティングマットを買ったばかりなのですが、何かと使えるアイテムなので今回はデザイン優先でMIWAXのカッティングマットを購入してみました。前回はサイズと価格優先でした。

純白、と言ってもいいほど真っ白なカッティングマットです。真っ白なんて汚れそう……と思った方には汚れが目立たない黒もあります。サイズは以下の6種類で、ホワイトとブラックの2色展開。

品番 不明:(156×350×3mm)品番 MX-A4-B/W:A4サイズ(220×320×3mm)品番 MX-A3-B/W:A3サイズ(300×450×3mm)品番 MX-A2-B/W:A2サイズ(450×600×3mm)品番 MX-A1-B/W:A1サイズ(600×900×3mm)品番 不明:900×1800mm


広告







安心の日本製。2016年グッドデザイン賞ベスト100に選出されました。

普通、カッティングマットには1mmや1cmのグリッドがプリントされているものが多いのですが、これは1cmおきにドットがあるだけのシンプルなデザインです。線のないカッティングマットかデスクマットが欲しかったということもあり、ずっと気になっていました。裏面は白無地です。





ドットがあるだけと書きましたが、5cm間隔でドットが白丸に変わっています。遠目で見ると気づかないくらいの、さりげない5cmの主張です。





カッティングマットの表面はかなり滑らかで、転がりやすいパーツを置く作業には向いてないかもしれません。文字を書くのに向いているのでしょうか? カッティングマットの上にコピー用紙を置いて、ボールペンで文字を書いてみると、思った以上に柔らかく少し沈み込むような感じがあります。硬い下敷きの上で文字を書くのが好きな私には少し違和感がありました。世の中にはソフト下敷きというものもあるので、このふっくら感が好みだという方もいると思います。





カッティングマットは軟硬軟の3層構造が一般的です。上の写真では5層に見えますね。MIWAXのカッティングマットの白い層は、硬質と軟質の樹脂が溶け合った部分で、サイトの解説によると一体五層構造なのだそうです。接着剤を使用したものと違い、層が一体化しているため、反りや剥がれに強いそうです。剥がれて困ったことは…

透明カッティングマット UCHIDA(ウチダ) VANCO(バンコ) コミックトレース用 塩ビ製とオレフィン製の違い。

イメージ
こんにちは(・∀・)
今はもう販売していない古い型です。どちらもトレス台に置いて光を透過するタイプのカッティングマットです。ずっとUCHIDA(ウチダ)製が好きで使ってましたが、紙がまっすぐにカットできないくらい傷がついてしまったので、買い替えたのがVANCO製。この頃はカッティングマットにそんなに違いがあるとは思っていなくて、その頃初めて耳にした材質の「オレフィン製ってどんなかな?」と思って購入。VANCO製はコミック用押しで販売してたと思います。









どちらもA3サイズで販売されてましたが、並べてみると結構違いますね。サイズに迷ったら、大は小を兼ねるで大きいサイズのほうが使いやすいと思います。



UCHIDA(ウチダ)製


VANCO(バンコ)製


私が、VANCO(バンコ)製のカッティングマットでダメだったのがこのしなりです。厚さ3mmと2mmの違いもあるのですが、UCHIDA(ウチダ)製は硬質塩ビの芯にカット面が貼り合わせてあって、ほとんど曲がらないため、横着してベッドの上やソファの上でも使えました(お勧めしませんが)。😂

UCHIDA(ウチダ)製は、裏面はカッティングマットとしては使えないツルツルの硬質塩ビのままでしたが、それが文字を書く時の下敷き代わりにもでき、なかなか使い勝手が良かったのです。今はオレフィン製のカッティングマットにも、硬質オレフィンをサンドしたものがあるので、しならないものもあるのかもしれません。



UCHIDA(ウチダ)製


VANCO(バンコ)製


塩ビとオレフィンのカッティングマットの違い。

普通のカッターで惜しみなくザクッと傷つけてみました。😂 
どちらも傷はつきますが、塩ビのUCHIDA(ウチダ)製は触っても切った跡がわかりません。対してVANCO(バンコ)のオレフィン製カッティングマットは、触ると明らかに筋がわかります。UCHIDA(ウチダ)製のほうが少し表面がザラザラしてるので、多少は指先の感触が誤魔化されてるかもしれませんが、全くわからない復元力です。

オレフィン製も進化しているかもしれないので、現在販売中のものに関してはわかりませんが、一回切っただけで筋がわかるのはダメすぎ。経年劣化もあるのかもしれませんね。UCHIDA(ウチダ)製のほうが数年は古いんですが。オレフィン製は環境にいいそうなので、その点だけは◎。


関連記事:

【デジカメ】OLYMPUS オリンパス STYLUS SH-1 + 格安ハンドストラップ

イメージ
レトロっぽい定番のカメラデザインに24倍ズームがついてます。

こんにちは(・∀・)
コンデジ好きなんです。今までは持ち運びがラク、いつでも持って歩けるようにと、とにかく小ささ優先で、Canon製の最小コンデジを使ってました。そのコンデジ IXY DIGITAL 10 が突然壊れてしまったのが去年の冬。その頃気になったカードサイズの LUMIX XS3 DMC-XS3 を一度は手にしたものの、なんか違う気がして……買い直したのが型落ちになってた SH-1 です。



広告







機能てんこ盛りで、271g(バッテリー含む)。IXY DIGITAL 10 は本体のみで125gでしたから、重さ的にはほぼ倍に、大きさもかなりありますが、実際持ち歩いてもそれほど苦になりません。むしろ大きくなった分ホールド感は良かったりします。

使ってみて気づいたことは、昔のコンデジでは諦めていて、ずっと欲しいな〜と思ってた高倍率ズーム(24倍)、私の場合それほど使いませんでした。😂 そして、まだ光学式5軸手ぶれ補正のありがたみを実感できていません。





マクロモードもあります。最近のコンデジは個別のマクロモードが付いていないものもありますね。レンズを換えられないコンデジで、いろんなシーンを撮りたいならベストな選択だと思います。ただし、画質はやはりコンデジっぽく色味も粒子も足りない感じ。これは写真の取り方や見る人によっては気にならないと思います。

ところで、ちょっとした勘違いで修理に出したのですが(コールセンターがあればそこで終わってた程度の案件)、たまたまサポート体制が変わった後だったようで、コールセンターはなくなり、WEBからの修理依頼で引き取り日指定というシステムでした 。たまたま、今すぐ使わなければならないという状況じゃなかったので、気持ちにも時間にも余裕があったせいか、OLYMPUSさんのサポートはとても丁寧で迅速な印象でした。

追記
2015年の後半から2016年の前半は、カメラジプシーしてまして、その後、このSH-1もドナドナします。他の端末も全体的に高画質になってきて、コンデジのセンサーサイズでは画質的に厳しくなってきたのが原因です。



[AD] BOSTON CLUB 楽天市場店





三角リングに付けられるリーズナブルなハンドストラップ

こんにちは(・∀・)
軽めのカメラには、ハンド…

100円ショップ DAISO ダイソー 帽子クリップ ほしかった夏の必需品

イメージ
帽子が風で飛ばされそうになるたびにほしかった商品。

こんにちは(・∀・)
これは本当にほしかった商品、帽子留めのクリップです。少し前にダイソーに行ったら入荷してて早速1つ購入。カールコード部分が細めの女性用(透明)と、キャラクター付きの子供用もありました。これで突然風か吹いても平気です。



広告







全体がクリアで目立たないかな? 素材的に水に濡れても平気だし、水洗いできて清潔に保てそう。帽子のつばの外側じゃなくて、つばの内側にクリップ用のタグでもあればいいのにね。そしたらあまり目立たずに取り付けられそうです。女子力ゼロなので自分では工夫しませんが。😂







クリップはしっかり帽子を挟んで、少しくらい引っ張っても取れません。もちろんもっとオシャレなものもありますし、パーツを買って自作することも可能です。



オシャレな帽子留めもあります。

[AD] Shop Loop(楽天)


関連記事:ザ・ダイソー ギガ船橋店に行ってきた 関連記事:DAISO ダイソー マグネットでくっつく窓付き便利ケース 関連記事:DAISO ダイソー 積み重ねボックスについにフタ付きが登場!






【アスクル】貼ってはがせるオフィスのノート、ダイソーのメモふせんとの比較

イメージ
アスクルの付箋紙、基本の4色展開。

こんにちは(・∀・)
一番好きなサイズの付箋がなくなってしまったので、ロハコでアスクルの付箋を買ってみました。ちなみに好きなサイズは 38×50mm、4色20冊で ¥759円(税込)です。ちょっとした思いつきを書けるくらいには面積が広いし、細長くないから折れたり剥がれたりしにくいし、一番活用しているサイズです。

以前は3Mのポスト・イットで同じサイズを使ってましたが、違いがわからないくらいに普通に使えています。長期間貼り付けた場合の接着面の変化などはわかりませんが、要件が済んだら捨てるくらいの期間でしたら、剥がれることもないし、くっつきすぎることもありません。



DM便なら送料無料

[AD] 文房具の和気文具(Rakuten)




ダイソーの手帳みたいなサイズの付箋紙、こちらも4色展開。

こちらは 125×75mm のビッグサイズ。B5に3枚貼ったら埋め尽くされる感じです。たくさん書きたい時や、大きい文字で目立たせたい時なんかに使えますね。初めて見たサイズだったのでつい買ってしまいました。これもう、本当に手帳サイズです。





アスクルとダイソーの付箋を重ねてみました。色味は微妙に違います。ダイソーの方が若干のりがペタペタするような気がしないでもない。





のり面は位置は画像の通りです。大きなサイズは手帳に貼っておいて、お買い物メモとかにするといいというアイディアを見かけましたが、今のところ、まだあまり出番がありません。私はB4の コピー用紙に何枚もペタペタ貼るので、上部にのりが付いてる38×50mmのサイズが本当に使いやすいです。

[LOHACO] 貼ってはがせるオフィスのノート:38×50mm / 4色 / 20冊





[AD] LOHACO オリジナル文房具






マイルドライナーが受けたように、付箋にも地味めな色があるといいですよね。ダイソーのフィルム付箋には地味色があるんですが、色味が好みじゃなくて買ってません。


Amazon「付箋」売れ筋ランキング Rakuten「付箋紙」売れ筋ランキング






関連記事:ASKUL アスクル カラーペーパー アイボリー A4 500枚入り 関連記事:ASKUL アスクル オリジナルクリップボード A3ヨコ ブラック