投稿

2月 27, 2017の投稿を表示しています

【万年筆】SAILOR セーラー レクル 透明感 初めての1本にお勧め!好きなインクとあわせて

イメージ
セーラーの万年筆 透明感「レクル」を使ってみました。

こんにちは(・∀・)
どなたかが「ペリスケに青インクを入れて…」と言ってたのをふと想像してしまい、唐突にスケルトンな万年筆がほしくなりました。それと、モンテグラッパの高級万年筆のガワだけ見てほしくなったものの、普段万年筆を使っていないのにそんな冒険は出来ないと思ったので、1/10の価格帯から攻めてみることに。

今回購入したのは、楽天のOffice WOW!さん。取り寄せで1週間くらいかかりましたが、色彩雫も揃ってて、送料を含めても安かったのです。



広告









昭和レトロな感じのパッケージですね。

最近は割となんでもブリスターケースに入ってる感じですが、ちゃんとプラケースに入って、更に紙ケースに入っていて丁寧な感じです。なんとなく、昭和レトロを感じさせるパッケージ。万年筆としては安い部類なのにちょっと感動。





ケースから取り出しました。全体像とペン先のアップです。キャップに軸を挿して使うからかな、意外と短いのですね。全長123mmくらい。

セーラーの透明感万年筆は、レクル(税込3,240円)の他に、プロカラー500(税込5,400円)とプロフィットJr.(税込2,160円)の2種類があります。この2つは先端が丸く尖った形になってて、レクルだけはスパッと切りとったような形になってます。私はこのデザインのほうが好みだったのでレクルにしました。 ()内はセーラーショップの価格です。





胴体の素材はPMMA樹脂でアクリルです。スッキリとした透明で、透明度はかなり高いです。無印のアクリルケースの透明感と思っていただければ近いと思います。ただし、アクリルは有機溶剤に弱いので、エナメルリムーバー、シール剥がし液、一部接着剤などに触れると、白っぽくなるので注意。





ペンの裏側も透明。この溝に色インクが溜まって、綺麗な色に染まるはず。





インク吸入器コンバーターを取り付けてみます。

どうやら透明な万年筆ではインク吸入器コンバーターというものを使って、好きな色インクを入れるらしい。コンバーター、初めて知りました。そして、初めて使ってみました。インク瓶のインクがこれで吸い上げられるのです。まずはペン先にきっちり押し込んで……







ノブ(お尻の部分)を回すと、中のピストンが前後に動きます。中の空気が押し出された状態で、インクにペン先をつけたら、ノ…