投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

Pentel ぺんてる ぺんてる筆 顔料インキ 極細 XFP5F(買いました)

イメージ
こんにちは(・∀・)文房具と事務用品のレビューです。


ぺんてる ぺんてる筆 〈毛筆タイプ / 染料 顔料インク〉





製品名:ぺんてる筆 顔料インキ
品番:XFP5F
JAN:4902506125064
方式:カートリッジ式
インク:水性顔料
字幅:極細
穂先:毛筆(ナイロン繊維)
本体サイズ:Φ13×175mm
本体重量:15g
専用カートリッジ:ぺんてる筆顔料インキ 専用カートリッジ XFRP-A
専用カートリッジ JAN:4902506142146
http://www.pentel.co.jp/products/brushpens/brushtype/pentelfudeganryouinki/


もっとも購入しやすくて書き味にも満足できる筆ペンなら、Pentel製のぺんてる筆がおすすめです。毛筆タイプの筆ペンで、インクは染料タイプと顔料タイプどちらもあり、カートリッジ式です(染料インクと顔料インクの互換性はありません、最悪の場合、インクが固まって本体まで使えなくなります、ここは区別して使ってくださいね)。種類が豊富でお気に入りの1本がきっと見つかると思います。その中でもよくわからない「つみ穂」と「すき穂」ですが、つみ穂は、穂先先端部のコシが強めで筆ペンビギナー向け。すき穂は穂先先端部のコシが弱めでかな文字などに最適なのだそうです。どちらも染料インクです。

私が愛用しているのは、顔料インキ極細(品番:XFP5F)です。もう10年以上も前から使用しています。ロングセラー商品なので、久しぶりにまた筆ペンを使おうと思った時にカートリッジの互換性に困ることもありませんでした。しかし、この商品で大きな欠点がひとつだけあります。インク残量が比較的多い時のインクのボタ落ちです。ボタ落ちの改良を期待して新たに買い直してみましたが、改良はなされないまま。これだけ普及したこのシリーズはこのままでいいので、ボタ落ちしない新シリーズに期待します。もしかしたら「きらり」などで改善されているのでしょうか?



ぺんてる ぺんてる筆の長所と短所


⭕️ どこにでも売ってて安価で手に入れやすい
⭕️ 穂先にコシがあって筆ペンビギナーにも書きやすい
⭕️ 穂先の種類が多く、✖️ どれを選んでいいかわからない
✖️ インクの出にムラがある
✖️ インクを押し出すためボタ落ちすることがある
✖️ デザインがイマ…

QDO キュードー ダブルウォールグラス クリスタル やっぱり結露とサヨナラしたい

イメージ
前回、ダブルウォールグラスを購入して4日目で割ってしまい、次はない!と言ってましたが、再び買ってしまいました。家族が結露でダラダラになったグラスにティッシュを巻きつけてるのを見てて悲しくなったのですw



広告







QDOのグラスは角度によってキラキラしてきれいです。

今回購入したのは、アカツキコーポレーションのQDOというブランドのグラスです。カタログ(http://www.akatsuki.com/qdo/qdo.pdf)によると下の5種類あるみたいです。サイズは3種類。Mは普通のコップサイズ、Lはトール、Sはショットグラスサイズ。Mは約Φ80 × 95mmで、125gです。

土(フローズン)火(ブロウン)金(クリスタル)水(ボイルド)木(販売してるのを見たことないデス)
この中のフローズンに一目惚れ。実はハリオのダブルウォールグラスを買うときにも候補でした。あれから2年、最近は楽天等のショップでQDOのダブルウォールグラスの扱いがほとんどなくなってきたので思い切って購入してみました。

フローズンに一目惚れでしたが、通販だと自分で見て選べないので、イメージのハズレのない幾何学的なクリスタルにしてみました。





角度によってはあまり幾何学っぽさを感じませんね。六角形と五角形の面が光を反射して思った以上にきれいです。そして、底の穴の処理は上の写真のような感じ。シリコンか何かで塞いでいますね。耐久性があるといいなー。




[AD] 引き出物しょっぷ(Rakuten)






その後1年無事割れずに維持できています! やっぱり高さが低い方がいいのかな? デザイン的にはとても気に入ってるダブルウォールグラス、これからも買うなら高さが10cm以下のものを選びたいです。





ダブルウォールグラスを割れないようにする方法ってあるの?

あるかどうかはわかりませんが、前回と違って気をつけている点は氷の入れ方です。氷をグラスの底にそっと置くように入れています。以前のものよりグラスの高さがないため、氷を落として入れることがなくなりました。斜めに傾けたグラスの底に氷スコップで差し入れるという感じです。

前回もなるべくそっと入れるように気をつけてはいたのですが、物理的な長さ(グラスの高さ)の違いも大きいかもしれません。ビアグラスは縁が欠けるように割れたので、氷とは関係なさそうですが、よりリスクを抑える方法とし…

ASKUL アスクル オリジナルクリップボード A3ヨコ ブラック(買いました)

イメージ
画板みたいなクリップボードがほしくなりました。

こんにちは(・∀・)
今持ってるクリップボードはA4サイズ、リヒトラブのAQUA DROPsです。カッティングマットも大きくしたことだし、もう少しスペースの広いものが欲しくなり、リーズナブルなアスクルオリジナル商品をロハコで購入しました。A3サイズになると一気に事務的カラーに絞られて、オシャレで可愛いものは皆無です。


LOHACOで購入する







質実剛健、シンプル仕様、ぶっちゃけ普通のクリップボードです。

きちんと作られた普通のクリップボードです。コピー用紙程度の厚さの紙を挟んでますが抜けることもありません。紙を置く面はマクロで撮るとワッフルのようになってます。手で触るとそんなに凸凹感はなく、むしろサラサラ感。



Sponsored Link










裏面はディンプル仕上げですね。何かしら良さがあるんでしょうか。滑りにくいとか? 上部左右に穴も空いてるので紐を通して画板のようにしても使えます。





ここがおすすめポイント! ちょっと気が利いてる作りです。

机の上など平な場所に置いてあるクリップボードを持ち上げる時に、左サイドのこの引っかかりがあるととっても持ち上げやすいです。手で支える時にもしっくりくる感じです。





ペンホルダー部分。私はクリップボードを外に持っていかないので、ペンホルダーはほとんど使わないのですが、挟みやすさも普通。鉛筆の太さから直径12mmくらいのペンまで入ります。市販の普通のボールペンなら問題ないでしょう。

リヒトラブ製のようなスパイラルコードでびよーんと伸びるペンヘルパー(ペンキーパー)もあれば更に良かったかな。






公式サイト:アスクル(法人向け)| アスクル 通販
:4535164033299:アスクル オリジナルクリップボード A3


sedia セキセイ 発泡美人 FB-4618 作業スペース確保のためにA2のカッティングマットを購入。

イメージ
広い作業スペースのためにA2のカッティングマットを購入。

こんにちは(・∀・)
今まで持ってたカッティングマットは、旧モデルのUCHIDA(ウチダ)製と、VANCO(バンコ)製で、どちらもトレース用のA3サイズです。カッティングマットとしてはもちろんのこと、下敷きがわりにも使用するため板のようにガッシリしたものが好みです。

ウチダ製は良かったのですが、次に買ったバンコのカッティングマットは厚さが2mmしかないせいか、しなってしまい出番がほとんどありませんでした(机の上に置いて使うのなら問題ないでしょう)。今回購入した「セキセイ カッティングマット 発泡美人」は3mm厚なのでかなりしっかりしています。











裏面のカラーはメーカーサイトではホワイトグレーと書いてありますが、単にホワイトと言っても気づかないくらい白めです。少し水色っぽく感じます。


ゆったりA2サイズで、この値段はお買い得!

こちらのカッティングマット、サイズは以下の4種類です。
品番 FB-4616:A4サイズ(230×320×3mm)品番 FB-4617:A3サイズ(320×450×3mm)品番 FB-4618:A2サイズ(450×600×3mm)品番 FB-4619:A1サイズ(600×900×3mm)
広い作業スペースが欲しかったのと、価格が以前に購入したA3サイズと同じくらいだったので迷わずA2サイズを選びました。やっぱり広いといいですね〜。今までは少し大きいものになるとはみ出して一度に切れなかったんですが、もうそんなことで悩まなくて良さそうです(長い定規も必要)。





表面のカラーはホルベインのターコイズブルーとコバルトターコイズの中間みたいな……、ターナーでもターコイズブルーみたいな……、そんな感じの色です。今はもう色見本持ってなくて説明できないけど、少し緑寄りの青系で濁りの少なめなハッキリした色です。





カットに便利な1cm単位方眼です。周囲は1mm単位の目盛りが印刷されています。A列、名刺サイズのカット表示付き。A列のみで、B列の表示はありません。

メーカーサイトによると、のりや接着剤が付着しにくい素材を使用しているそうです。これは長期間使っていかないとわかりませんが、セロハンテープを貼ってみたけど剥がしやすかったですよ。





三層構造の側面。長期間の立てかけて保管していると反ったりするそうです…