投稿

2月 23, 2014の投稿を表示しています

【画像】Wacom Intuos CTH-680/S0 ペンタブレット

イメージ
こんにちは(・∀・)



* Wacom(ワコム) Intuos CTH-680/S0 ペンタブレット







机の上が狭いのが嫌で……と言っても部屋も狭いので、そんな中で少しでもスペースを作るためにペンタブを買い替えました。Intuos Proもありますが、相変わらず余計なボタンとか付いててサイズが大きいので、かなり悩んだのですが、今回は性能面は切り捨て、廉価版のほうをあえて選択。Appleのワイヤレスキーボードとほぼ同じ幅です。



ボタンが消えたように見えますが、上の黒い帯の両端に2つずつ、計4つのボタンが隠れてます。デザインも損ないません。時々、腕の重さで押してしまうことがありますが、許容範囲内かな。ペンは今までより細めで軽くて心許ない感じなので、余ってたプニュグリップミニをはめました。下に重心が移って持ちやすくなった気がします。ペンのスイッチは2つ、お尻は消しゴム(他も設定可能)で、これは今までと同じ。





— Intuos3のサイズ(デカかった)。上の画像とキーボードは同じ。



左右に付いてるボタン類、Intuos3を使い始めた時は画期的かなと思いましたが、私はほとんど使いませんでした。たまに拡大縮小に使ってたくらい。それもあまり希望の大きさにビシッと決まらないので、選択した後で拡大縮小したい時くらいしか使ってませんでした。



一応、今回購入する前にお店で試し書きはしてみたのですが、いつも使ってるソフトと違ったりで、proとの違いがイマイチわかりませんでした。あと、お店のお試しって座って使えないのがツライ。立ってると変な力が入って繊細な違いがわかりません。でも、今のところ特に性能的に不満はありません(pro未体験なのでw)。とても感心したのがペンの替え芯の取り外しが簡単になっていた点。





— Intuos3の替え芯を買った時に付いてきたのかな?





— 今まではピンセットで挟んで……





— そのまま引っ張ります。





— 抜けるまで引っ張ります。この替え芯は流用できます。



新しい Intuos では、裏面上部のフタを開けて、穴に芯を差し込んで、少し斜めに倒して引っ張ると簡単に抜けるようになってました。私の場合、ペンの先がほっとんど減らないので(通常のペンで数年もちます)、取り替えることは滅多にないので、こういうのが本体に収納されている点はとても良かったです。





— 魔法の穴。





— 少し斜めにして引っ張るとスルーっと…