投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

【画像】SANYO(サンヨー)eneloop エネルーピー だワン

イメージ
こんにちは(・∀・)

* SANYO(サンヨー)eneloop エネルーピー


— 充電器の付いてるセットと付いてないセットがあります。



311地震で電池がお店から消えて、こんな時に限って予備がありません。Bluetoothのキーボードが動かなくなる可能性もあって焦りました。それで、以前から関心のあった充電式のエネループを購入。電池にも適材適所があって、リモコンにはマンガン電池がいいとか、アルカリ電池は液漏れしやすいとか、今回はじめて知りました。充電式乾電池だと使えない電気製品もあったりするそうですね。本当〜に勉強になりました。(2011.05.05)

追記:
去年の5月にエネループを購入してから約10ヶ月、今回は電池の追加購入と同時にエネルーピーもゲット。単3と単4の残量チェックができます。単4用スペーサーはともかく、骨(電池を取り出す時にこれで押しますが、指先でも押せます)は失くしそう。機能が〜っていうより置物ですよね。可愛いです(2012.02.29)


Amazon
SANYO NEW eneloop簡易電池チェッカー付急速充電器セット(単3形2本付) N-TGR02BLPS
SANYO NEW eneloop 簡易バッテリーチェッカーエネルーピー付き 充電式ニッケル水素電池 (単3形2個) HR-3UTGA-2LP



【画像】東京国立近代美術館 [PIX] The National Museum of Modern Art, Tokyo

イメージ
ぐるっとパスで『東京国立近代美術館』に行ってきました。
ここは、毎月第1日曜日は所蔵作品展を無料で観覧できるそうで、たまたま無料日でした。でもその日は工芸館は日曜日にも関わらず休館。工芸館の方が興味のある展示だったので残念でした。この近辺はぐるっとパスで入館できる博物館・美術館がおおいので、回りやすいエリアです。

今回の私のルート:九段下下車 -〈昭和館〉-〈科学技術館〉-〈東京国立近代美術館〉- 竹橋乗車
これ以外に国立公文書館、工芸館、宮内庁三の丸尚蔵館があります。

美術品なので、当然の事ながら写真撮影は不可。建物の写真じゃ面白くないですね。私が行ったときは、「原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通して見えてくるもの」を展示中でした。コチラに画像も少しありますので興味があったらどうぞ。手作業の時代、印刷技術も今と比べて比較にならないほど単純だった時代、制限された範囲で心に刻まれるデザインを創り出すプロの仕事が素晴らしいです。



他の近代美術の中では、いくつか印象に残った好みのものがあったのですが、ペンも持ってなかったのでメモできず、ショップにもその作品の載ってるものがなく、すっかり失念してしまいました。かなり気に入った作品があったんですけど。


大きな地図で見る

東京国立近代美術館 一般420円(第一日曜日無料)
http://www.momat.go.jp/Honkan/honkan.html
東京メトロ半蔵門線「竹橋」駅下車、徒歩約3分
写真撮影:禁止(多分)



【画像】GENTOS(ジェントス)Explorer EX-757MS LEDランタン

イメージ
こんにちは(・∀・)

* GENTOS(ジェントス)Explorer EX-757MS LEDランタン



遅ればせながら私も防災用ランタンを購入しました。GENTOS(ジェントス)エクスプローラー EX-757と、Energizer(エナジャイザー)折りたたみ式 LEDランタンの2つです。非常時用としては十分な明るさです。


— ランタンの時は発光部が下を向いてますが、


— 横のつまみを回転すると、懐中電灯に早変わり。


— 半透明なカバーが付いてるので、懐中電灯にすると灯りが柔らかいです。


— 慣れないとちょっと閉めにくい。単3×4本。


— 色味の違い。EX-757は暖かく感じる灯り。

非常用ですが、夜ベッドでちょっと何か見たりする時にも使ってます。






NEC NECライティング ホタルックボール EFA15EDF/EFA15ELR(買いました)

イメージ
製品名:NECライティング ホタルックボール EFA15EDF/EFA15ELR
JAN:4904323621477, 4904323621491
公式サイト:NECライティング



>> 前回:節電のために照明をLED電球に変えてみました。





セール価格になっていたNECのホタルックボール。

こんにちは(・∀・)
LED電球に我慢してきたのですが、我慢の限界に来てしまい電球型蛍光灯に変更しました。LEDの色味も気持ち悪いし、目に突き刺さる光源も嫌です。LED電球の値段は、前回買った頃に比べたら同じ明るさで半額くらいになってますが、明るいLED電球はまだまだ高額です。

今回購入したのは、2個で1000円未満だった「ホタルックボール」です。FRESH色(クール、昼光色)を私の部屋に、MILD色(ナチュラル、昼白色)を居間に付けてみました。

いままでのLED電球より明るくて、このくらいなら我慢できる範囲です。何ヶ月経っても慣れなかったLED電球に感じた色の気持ち悪さもありません。MILD色は自然な色味、FRESH色はとても青白い白です。付け替え直後は違和感がありましたが一週間くらいで慣れて今はとっても快適です。



NEC ホタルックスリム 86W 27形+34形 昼光色 (Amazon)





電気を消すと暗闇でしばらくほの青く光ります

突然の停電に便利。ホタルックボールも点灯直後はかなり暗く、徐々に明るくなっていくのですが、そんなのは問題にならないくらい明かりが快適です。電気を消すとこんな感じに青緑にぽわーんと光ります。

今までのLED電球は玄関やトイレなどに使ってます。トイレはLED電球のほうが、すぐ明るくなるので向いてると思います。


追記
電球型のホタルックボールは廃盤になってしまい、今は丸型蛍光灯と直管蛍光灯のみになりました。(2016.12.21)



Sponsored Link




関連記事
節電のために照明をLED電球に変えてみました。OHM オーム電気 ECOdeQ エコデンキュウ