【万年筆】ロットリング「アートペン カリグラフィ」1.5mm 1.9mm 2.3mm

ロットリング アートペン カリグラフィ

カリグラフィペンが欲しくて買ってみました。

パイロットのパラレルペンが書きやすいと聞いていましたが、パラレルペンのあの派手派手なデザインがどうにも好きになれず、消去法的な感じでロットリングの「アートペン カリグラフィ」を購入しました。こちらも見た目が気に入ってるわけではなく、派手じゃないという点で選びました。箱は紙製でエコでいいなと思いました。

ラピッドグラフやイソグラフを使用してたので信頼してましたが…

以前、ロットリングの製図ペンをよく使ってたこともあり、過去の信頼感もあってロットリングを選びましたが、2.3mmだけインクが全然出てきません。やっとインクが出ても線は2.3mmの幅で引けないし、文字を書こうとするとかすれるしで散々でした。

ロットリング アートペン カリグラフィ

2.3mmのインクを出すために一週間くらい頑張ったけど全然ダメ。ケチってセール品を買ったのが良くなかったのだと思います。

あとで気づいたのですが、軸のロゴの位置が1本だけ違っていました。こういうのごちゃ混ぜ? わりと信頼してた楽天のペン屋さんでしたが…もうここではセール品は買いたくない。

1080 Rotring ArtPen

1.5mmはサラサラ書けました。1.9mmはたまに少しかすれる時がある感じでした。2.3mmはとにかく何をやっても本当にダメで、ペンのせいでやる気まで失われる始末…。

ロットリング アートペン カリグラフィ

ロットリングの製図ペンも当時は気に入ってましたが、今考えてみると色々とダメな点も思い浮かびますね。過去、何度か海外文具を買っていますが、この値段でこれ〜?!みたいな目に遭うことが多く、やっぱり文房具は国産のほうが好きです。"この値段で"という部分には輸入にかかるコストも入ってるんでしょうが…。あまりメカニカルじゃないもの、例えばノートとかはデザインが斬新だったりで面白いものもあります(普通の価格帯だと紙質はイマイチ)。

最近、セーラーのカリグラフィーペンを購入しました。インクがサラッと出た時は感動。楽しく使ってます。

関連記事:セーラー万年筆「ハイエース ネオ クリア カリグラフィー」

関連記事:呉竹 ZIG「マーカーで書く カリグラフィ練習帳」

他の記事をみる:万年筆関連の記事の一覧はこちらです

 

 


このブログの人気の投稿

英語の筆記体の書き方、筆記体の文字のつなげ方。

MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法。

スタイルフィット・サラサセレクト・コレト・アイプラス、多色ボールペンを比較

【ルーズリーフ】自作ルーズリーフノートに適したリング5種類の長所と短所。

ゼブラ「サラサクリップ」改造のための分解と組み立て(画像付き) 替え芯を白く見せる方法

レビュー | サーモス「シャトルシェフ」意外な欠点もあり! 人を選ぶ保温調理器

レビュー | ダイソーの「写経練習帳」と「般若心経練習帳」で今すぐ始める写経!

【ジップロック弁当】漏れないスクリューロックのお弁当 容量見本を写真で紹介

【100円ショップ】ダイソー 積み重ねボックスについにフタ付きが登場!

レビュー | キンコーズで本の断裁をしてきました。本の自炊はしない派です。