【万年筆】ロットリング「アートペン カリグラフィ」1.5mm 1.9mm 2.3mm

ロットリング アートペン カリグラフィ

かなり前にカリグラフィペンが欲しくて買ってみました。

パラレルペンが書きやすいと聞いていましたが、パラレルペンのあの派手派手なデザインがどうにも好きになれず、消去法的な感じでロットリングの「アートペン カリグラフィ」を購入しました。こちらも見た目が気に入ってるわけではなく、派手じゃないという点で選びました。

ラピッドグラフやイソグラフを使用してたので信頼してました。

以前、ロットリングの製図ペンを使ってました。当時は気に入ってました。でも今考えてみると色々とダメな点も思い浮かびますね。それだけ文房具も進化したのかも。過去の信頼感もあってロットリングを選びましたが、アートペンの2.3mmだけインクが全然出てきません。またハズレか…

やっとインクが出ても線は2.3mmの幅で引けないし、文字を書こうとするとかすれるし、散々でした。ケチってセール品を買ったのも良くなかったのか、あとで気づいたのですが、軸のロゴの位置が1本だけ違っていました。え、これってデザイン変更?

ロットリング アートペン カリグラフィ

1.5mmはサラサラ書けました。1.9mmはたまに少しかすれる時がある感じでした。2.3mmは何度やっても本当にダメで、ペンのせいでやる気まで失われる始末…。

過去、何度か海外文具を買っていますが、この値段でこれ〜?!みたいな目に遭うことが多く、やっぱり文房具は国産のほうが好きです。あまりメカニカルじゃないもの、例えばノートとかはデザインが斬新だったりで面白いんですが。

最近、セーラーのカリグラフィーペンを購入しました。インクがサラッと出た時は感動。楽しく使ってます。

関連記事:セーラー万年筆「ハイエース ネオ クリア カリグラフィー」

関連記事:呉竹 ZIG「マーカーで書く カリグラフィ練習帳」

他の記事をみる:万年筆関連の記事の一覧はこちらです