呉竹 ZIG「マーカーで書く カリグラフィ練習帳」イタリック体とゴシック体

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

マーカーだから手軽に始められる…と思っていたけど売ってない💦

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

なかなか売ってないので通販頼みですが、マーカーで書くという簡単さから購入してみました。ペンは「ZIG カリグラフィー メタリックカラーズ」というのを1本だけ買って始めました。イタリック体を1冊全部やりとげましたが、細い線が全然きれいに書けず、もやもやしながら終了しました。

「マーカーで書く カリグラフィ練習帳」 イタリック体。

イタリック体は曲線がなかなかきれいに書けず、また縦長の線の角度が微妙に揃わずほんと難しいです。

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

「マーカーで書く カリグラフィ練習帳」 ゴシック体。

ゴシックのほうが微妙な角度がつかないので、その点は楽ですが、一文字の中のパーツのバランスを整えるのが難しいです。

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

私のペンは2.0mmと3.5mmなので、5.0mm用の練習はできません。

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

ZIGのマーカーだと細い線があまり細くならず、末端もきっちり書けない。

練習帳にペンの紹介があります。金文字が好きなので金色のペンを選びました。

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

私が初心者レベルということもありますが、カリグラフィー用のペンとしては使いこなせませんでした。細くする部分が細く書けなかったり、止める部分が丸くなったりして、シャープさが足りず、そのせいでか練習してもあまり楽しくなかったというか…。下図は20mmの「ZIG カリグラフィー メタリックカラーズ」と、セーラーのカリグラフィーペンです。

呉竹 ZIG マーカーで書く カリグラフィ練習帳 イタリック体 ゴシック体

公式の動画を見るとかなりシャープに書けてるんですよね。太いマーカーだと線の太さの違いがはっきりしやすいのかもしれません。あるいは私のペンは練習しているうちにフェルト部分が潰れてしまったのかも。

その後、セーラーのカリグラフィペンを買ったら、シャープな部分が書きやすくて、一気に問題解決しました。でも、上手く書けるようになるにはどのくらいかかるんでしょうか、遠いわー。

関連記事:セーラー万年筆「ハイエース ネオ クリア カリグラフィー」