【筆ペン】呉竹「くれ竹万年毛筆8号」と「万年毛筆写経用85号」の違い

呉竹 筆ペン 筆ぺん くれ竹 万年毛筆8号 万年毛筆 写経用 85号

万年毛筆8号 〈人工毛筆 / 水性染料〉、万年毛筆写経用85号 〈人工毛筆 / 水性顔料〉

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

Amazonで大絶賛の万年毛筆8号と、万年毛筆写経用85号です。ほぼ同じ作りで、インクが染料か顔料かという点が大きな違いです。このインクの違いは、耐水性か非耐水性かという点に加えて、インクの色味にも影響しています。

飾りっ気なしのシンプル構造。

あまり見た目にはこだわっていません。軽くて細い筆ペンです。長さはけっこうあって18cmくらい。

呉竹 筆ペン 筆ぺん くれ竹 万年毛筆8号 万年毛筆 写経用 85号

呉竹「くれ竹万年毛筆8号」と「写経用85号」の長所と短所。

⭕️ 穂先が短く初めてでも書きやすい
⭕️ インク漏れしない(今のところ)
⭕️ カートリッジ式でゴミが少ない
✖️ あまり見かけないので購入しにくい

穂先が白いのが8号で、茶色なのが写経用85号です。

インクのせいか穂先のせいか、8号のほうが微妙に柔らかい気がします。迷ったらインクの違い(染料・非耐水か顔料・耐水か)で選ぶと良いと思います。

染料インクのカートリッジは5本組で販売しているのに対して、顔料インクのカートリッジは3本組みです。ランニングコスト的には染料インクがお勧めです。

呉竹 筆ペン 筆ぺん くれ竹 万年毛筆8号 万年毛筆 写経用 85号

万年毛筆8号と85号はインクの色味がかなり違います。

まず、軸の色で区別できます。写経用85号は紺紙に金文字のまさに写経風。

呉竹 筆ペン 筆ぺん くれ竹 万年毛筆8号 万年毛筆 写経用 85号

インクの色はぺんてる筆や、完美王の顔料より薄くて、あかしややぺんてる携帯用よりは濃い感じです。使った紙がコピー用紙なので、和紙や半紙だとまた雰囲気も違うかも。

640x425 Brush Pen Ink Colors

水で濡らして拭き取るとこんな感じです。染料インクはかなり青めです。耐水性でも書いた直後は水に濡れると黒くにじみます。

呉竹 筆ペン 筆ぺん くれ竹 万年毛筆8号 万年毛筆 写経用 85号

間違って買っても、よく洗えばインクの入れ替えは可能です。よ〜く洗わないで入れるとインクが固まっちゃう可能性もあるので気をつけてくださいね。