【ファイル】キンコーズで本の断裁をしてきました。本の自炊はしない派です。

キンコーズ 本の断裁

デジタル化は面倒でもファイリングは便利。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

先日、Kinko's(キンコーズ)に行って本の断裁をしてきました。料金は1cmまで100円で、少し厚みがあったので200円でした。店員さんが全てやってくれるので出来上がりまで待ってるだけ。店員さんの拘束時間に対してあまりに安すぎて申し訳ない感じです。奥に持って行って10〜15分くらい?待ってたかな。

仕上がりも綺麗で大満足。ビジネスコンビニだけあって、断裁したあとの製本もできます。私はバラバラにして抜き差ししたかったので、穴あけなどはいつものワンサードパンチを使って自分でやることにしました。

料金ですが、ショップによっては本の解体代を取られるお店もあるようです。不安な場合は行く前に電話で問い合わせてください。この価格の違いは導入してる断裁機によるのかな?

過去問や参考書など、少しの本を綺麗に断裁したい時。

キンコーズが通学範囲・通勤範囲・地元にあればお勧めです。私は手動の断裁機は持っていますが、大量のページを均一にきれいカットとなると、不器用なこともあってなかなか難しいです。持ってるのは↓こういうタイプでもう少しシンプルな断裁機です。


[PR] モノリス 裁断機 A4(Amazon)

背表紙を取る場合は、糊だけの無線綴じなら、本を開ききって、開いた部分をカッター等で分冊してから、さらに少し薄く小分けにしてカットしますが、結構手間ですよね。10冊もやったらうんざりすると思います。5冊でも嫌になるかも。

手動断裁機は気をぬくと歪んだりします。断裁サービスのお店が近くになくて、最終的にデジタル化して元の紙の本を捨てる場合のみ、数冊くらいまでなら手動断裁機でも可という感じです。

7〜8冊以上になったら、断裁専門店に丸投げがお勧め。

送料がかかってしまいますが、専門のお店にお任せしたほうがいいと思います。お試しもサービスもありますし。

自炊派のための本裁断サービス ブックカットジャパン
書籍本裁断(断裁)サービス|裁断ブックマート

断裁しないスキャニング(デジタル化)サービスもあります。

リヒトラブ ワンサードパンチで穴を開けてファイリング。

ファイリングにはワンサードパンチと製本とじ具を使用しています。厚めの本だったので2冊に分冊。もともとアイウエオ順に並んでいたので、索引は廃棄しました(穴あけに失敗したせいもありますが…)。

キンコーズ 本の断裁

これで今年からくずし字をもう少し練習していこうと思います。1枚ずつ取り出して、トレペのなぞり書きから始めるつもりです。

関連記事:リヒトラブ ワンサード34穴パンチ P1603 プリント整理の効率UPに!

カール ゲージパンチを使って、ルーズリーフバインダーにまとめることも。1/3インチピッチかJIS規格のルーズリーフかはお好きな方で。

関連記事:カール事務器 ゲージパンチ・ネオ(JIS規格ルーズリーフ用)