春の七草(芹・薺・御形・繁縷・仏の座・菘・蘿蔔)の区別のしかた

1060x660 Nanakusa

お正月の恒例行事、春の七草がゆです。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

七草粥の材料、七草セットを買ってきました。七草になったのは鎌倉時代からで、それ以前は七種の穀物で作られたとか。米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキとか、米、大麦、小麦、アワ、キビ、ダイズ、アズキとかの組み合わせだったそうです。

ミノがわからない。葟米(ミノゴメ)という野生穀物だそうですが、それが今では何の植物だかわからなくなってしまったそうで、ムツオレグサじゃないかってことになってるみたいです。そのムツオレグサも知らなかったです。😳

1060x660 Nanakusa

さて、七草に戻ります。せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、これらの七草ですが、恥ずかしながらずっと区別がつきませんでした。最近やっと植物に興味が出てきたので、今回はじっくり観察してみることにしました。

一例として、こんな感じで販売されています。便利♪

1月7日に食べる七草粥、今は春の七草もパックで売ってて簡単ですね。東京では神奈川産がよく流通してるみたいです。

1060x660 Nanakusa

七福神パッケージでおめでたい雰囲気。一応、それっぽい草を持ってますが、大根と蕪以外は見分けが難しい?

1060x660 Nanakusa

春の七草の見分け方。わかりやすいものから区別していこうと思います。

1060x660 Nanakusa

菘(スズナ) アブラナ科アブラナ属

蕪(カブ)の古い呼び方です。見るからにカブなので、真っ先にわかります。

1060x660 Brassica rapa

蘿蔔(スズシロ) アブラナ科ダイコン属

大根(ダイコン)の古い呼び方です。他に古名でオオネ・カガミグサとも言うそうです。こちらも見るからにミニダイコンなのですぐわかります。ここまでの区別は簡単ですね。

1060x660 Raphanus sativus

御形(ゴギョウ) キク科ハハコグサ属

オギョウとも訓みます。ハハコグサのことです。春になると茎が伸びて黄色い花が咲いてるのをよく見かけるようになります。これは伸びる前の状態。

gogyo-2

表も裏もモケモケで、うさぎの耳のような形からも区別しやすいと思います。

1060x660 Gnaphalium affine

繁縷(ハコベラ) ナデシコ科ハコベ属

ハコベとも言います。正確には「コハコベ」という種類。パックで買うとかさ増し要員のようにたくさん入ってます。葉も大きいので、かさ増しに向いてるんでしょうね。

1060x660 Stellaria media

葉っぱの縁にギザギサがないので区別できます。

1060x660 Stellaria media

芹(セリ) セリ科セリ属

セリ科の植物。葉っぱの形で見分けやすいです。葉っぱの周囲にギザギサがあって、キザキザの先は丸い感じです。

1060x660 Oenanthe javanica

根っこも主張してるのでここも区別のポイント。一応、現代でも普通に野菜として販売されていますが、うちではセリよりミツバばかり食べてます。

1060x660 Oenanthe javanica

仏の座(ホトケノザ) キク科ヤブタビラコ属

私の知ってるホトケノザと全然雰囲気違うなあと思いましたが、赤紫〜ピンクの小さなラッパ状の花が咲くホトケノザ(シソ科)は別物だそうです。

1060x660 Lapsana apogonoides Maxim.

こちらは正式には「コオニタビラコ」という植物で、漢字で書くと「小鬼田平子」。この写真では葉のサイドのヒラヒラが四角っぽい形をしています。根元のほうがカスカスな感じがホトケノザ。

1060x660 Lapsana apogonoides Maxim.

薺(ナズナ) アブラナ科ナズナ属

最後にナズナです。別名ペンペングサ。三味線のバチのような三角形の実をたくさんつけてるアレですね。実が付いてないとわかりません。

1060x660 Capsella bursa-pastoris

よく見かけるんですが、葉っぱはこんなだったっけ?というくらい記憶が曖昧。この写真で言えば、魚の骨のような細く尖った形が特徴的。根元まで葉がある感じです。

1060x660 Capsella bursa-pastoris

ホトケノザ(コオニタビラコ)とナズナの違い。

ホトケノザ(コオニタビラコ)とナズナの区別が少し難しいかもしれません。どちらもタンポポのような雰囲気の葉です(茎がほぼなくて放射状に草が生える状態でロゼットと言います)。茎に見えるのは茎ではなくて、葉柄(葉っぱの芯)みたいです。

葉の形は、成長したホトケノザ(コオニタビラコ)は丸っぽい五角形が並ぶ感じ、ナズナは深い切れ込みでトゲトゲした感じです。ただ、切れ込みのない葉もあって、屋外で探すなら花が咲かないとわかりにくそうですね。最近、植物に興味が出てきて写真を撮ってますが、個体差もあって似たような植物を区別するのは難しいのですよね。慣れると簡単なんでしょうけど。