【万年筆】セーラー万年筆 「青墨」「蒼墨」「ブルー」耐水性顔料インクの色の比較

セーラー万年筆 耐水 顔料インク 蒼墨 4901680185017

顔料インクブルー/ブルーブラック系3色が揃いました。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

わーい!蒼墨がやっと届きました。このタイプのインク瓶(50ml)は初めてです。上から見ると真四角じゃなくて長方形なんですね。そして、相変わらずラベルがかなりとんでもない位置に貼り付けられてます(予想のつくような事情なら許せるけど)。今までの瓶と比べて高さがあるので、うちの机の引き出しには入りませんでした。

関連記事:セーラー万年筆「青墨」 耐水性でにじまない、裏抜けしない顔料インク

リニューアルしてインク瓶のデザインが変わった極黒と青墨。

「蒼墨」の瓶は蓋が綺麗なんですよね。光を当てると玉虫みたいな感じに青く輝くんですよ。ラベルも雲龍紙かなんかで、繊維がキラキラします。でもインクリザーバーが別売りになってしまいました。極黒と青墨の蓋もキラキラしてるのかはわかりません。

セーラー万年筆 耐水 顔料インク 蒼墨 4901680185017

セーラー万年筆 耐水製顔料インク、ブルー系3色の比較。

上段が画用紙に綿棒でささっと塗った色、下段は少しインクを多めに垂らして乾かした色です。なるべく近い色になるように補正してみました。

セーラー万年筆 耐水 顔料インク 比較 青墨 蒼墨 ストーリア ナイト ブルー

青味の彩度が高い順に、ナイト>青墨>蒼墨です。コバルトブルーみたいな色が「ナイト」、縁に赤みが出る深い青が「青墨」、墨色が強く黒っぽい青が「蒼墨」です。

ブルー(ストーリアのナイト)・青墨・蒼墨、それぞれの色味の違い。

さらに薄めると、よりわかりやすくなります。

セーラー万年筆 耐水 顔料インク 比較 青墨 蒼墨 ストーリア ナイト ブルー

文字だと下の画像のような感じです。拡大してるので違いがわかりますが、細字で普通の文字サイズの場合、青墨と蒼墨はあまり区別つきません。青墨のほうが濃くてはっきりしている感じ。蒼墨も濃いことは濃いんですが、曇ってる感じの色です。煮詰まってくるとほぼ区別できません。

セーラー万年筆 耐水 顔料インク 比較 青墨 蒼墨 ストーリア ナイト ブルー

どれが好きかと聞かれても難しい〜デス。

フチがはっきり赤っぽく光るのは青墨です。

無理やりインクをドバーッと置いて濃淡を出して、わざと反射させながら撮ってみました。

セーラー万年筆 耐水 顔料インク ストーリア ナイト ブルー
セーラー万年筆 耐水 顔料インク 青墨 レッドフラッシュ 4901680187042
セーラー万年筆 耐水 顔料インク 蒼墨 4901680185017

以前、戦前戦中くらいの古書をたまに買ってましたが、蒼墨はその中にある万年筆の書き込みの色に近い気がしました。私の勝手なイメージですが、昭和初期の色といった印象で、レトロ感のある色でした。

他の記事をみる:万年筆関連の記事のリスト(26)