【暖かい】サーモス シャトルシェフ 使い方カンタン!節約調理

サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


こんにちは(・∀・)
現在、カンタン料理に憧れていて、突然シャトルシェフが欲しくなりました。火がついてることも気にせず、火加減も気にせず、吹きこぼれも気にせず、ほったらかしで保温調理。レビューでは大絶賛する方も多いし、これは使ってみたい!……と思ってから、かなり悩んでいました。大きさがなかなか決められなくて。



広告




サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


サーモスのシャトルシェフはどのサイズを買えばいいのでしょうか?

シャトルシェフは保温性能をあげるためには、調理鍋(内鍋)いっぱいに作るのが良いのだそうです。4.3リットルの鍋いっぱいに作ったら、当然一人暮らしには多すぎます。うちでは1〜2、2〜3人用で増減するので、1.6リットルと2.3リットルでものすごく悩みました。


サーモス シャトルシェフ サイズ 比較 THERMOS shuttleChef


上がサーモスのシャトルシェフの容量ラインナップ。3種類あります。調理鍋(内鍋)や調理鍋フタが改良された新製品が発売され、上の旧型は処分価格になっていますが、サイズで悩んでいたところに、1.6リットルのホワイトがセールで販売されていたのを見つけ、とりあえず1.6リットルを購入してみました。欲しかった色がオレンジかホワイトだったんですよね。


[AD] サーモス シャトルシェフ 1.6L KBF-1600 OWH(Amazon)



サーモス シャトルシェフ 比較 違い THERMOS shuttleChef


新製品は調理鍋がフッ素コーティングでこびりつきがありません。

新製品と型落ちの違いは、調理鍋(内鍋)にフッ素コーティングが施され、こびりつきにくくなったことと、調理鍋フタが強化ガラスになって、フタを開けなくても中が確認できるようになりました。こげ茶っぽい色の調理鍋が新製品。私が購入したシャトルシェフは旧型なので、調理鍋は加熱調理には使わず、フッ素コーティングのフライパンで具材を加熱した後に調理鍋に移しています。


[AD] サーモス シャトルシェフ 2.8L KBJ-3000 OR(Amazon)



サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


1.6リットルの調理鍋(内鍋)は小さい雪平鍋くらいの大きさ、と聞いていたので、サイズはだいたい想像できていました。実際、開けて見てみると本当に小ぶりの鍋でした。小さすぎないかな〜?と不安になりつつ、とりあえずシチューを作ってみることに。

24cmの深型フライパンでタマネギを炒め具材を数分煮てから移してみたら、まだ少し余裕がある感じです。タマネギ1個、ジャガイモ3個、人参は小ぶりのものを1本、あとは鶏肉200gくらい。作り置きはしない、少食〜普通の食事量の2人分なら1.6リットルで十分でした。

食べる量が多い人がいるなら、2人でも2.8リットルがお勧め。大きめなローストビーフを作ったりするなら、2.8リットル以上がいいかな〜という気がします。レシピも2.8リットル(3リットル)が基準になってるものが多いです。


サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


都市ガスの弱火煮込みは1時間3.3円〜6円前後。

どれくらい節約になるのか調べてみましたが、都市ガスはかなり安く、煮込み料理で節約するには効果は小さい気がします。東京ガスのサイトでは3.3円、コンロによって6円前後までの開きがあります。IHだともう少し節約効果があります。ただ、金額的なことよりも、火加減や吹きこぼれを気にしなくていいというメリットのほうが特に重要だと感じます。倒さない限りは安全という点も安心です。


サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


真空二重構造の保温容器と、この厚い保温容器フタで保温します。シチューはけっこう暖かさが持続しました。室内の温度に左右されると思いますが、今の時期、6時間経ってもそのまま食べられるくらいには暖かかったです。


サーモス シャトルシェフ 2人用 ホワイト THERMOS shuttleChef KBF-1600


圧力鍋と比べると一長一短。ライフスタイルに合えば最高。

シャトルシェフには期待しすぎだったかな〜という気もしています。容量が少ないので冷めやすいこともありますが、これで豚の角煮とか、牛すね肉のカレーをほろほろに仕上げるのは難しそうです。シチューの鶏肉すらほろほろには程遠かったので、そういうものを作るなら圧力鍋を使ったほうが断然楽ですね。圧力鍋は時間によってはタマネギなんか形も残らないので、型崩れしないシャトルシェフとはやはり用途が違う感じです。



シャトルシェフのカレーやシチューにとろみがつかない!

真っ先に作ってみたのがカレーとシチューだったのですが、6時間くらい経って蓋を開けてみると、まったくとろみのついてないサラサラしたカレーとシチューが出来上がってました。検索してみると、シャトルシェフで作るカレーやシチューにとろみがつかないという感想がけっこう出てきます。

とろみ成分のデンプンが酵素で分解されるからという説明がありましたが、それが原因なのかなあ? 詳しいことはわかりませんが、シャトルシェフと言えばカレーとシチューと思い込んでいた私はかなりショックでした。😂 おかゆはいい感じになってました。次は茹でる・蒸すをやってみたいと思っています。




[AD] GULLIVER Online Shopping(Rakuten)