【筆ペン】毛筆タイプの筆ペンの比較ポイントと選び方。漫画や写経にも。

1060x660 Brush Pens


こんにちは。
書道未経験の私もそうなのですが、まず、筆ペン初心者さんの場合は、柔らかい穂先と紙の距離感や力加減が掴みにくいと思います。やはり毛筆には慣れるまでの練習が必要です。書きやすい筆ペンと紹介されていても、まるっきり未経験の場合はやはり書きにくいものなので、諦めないでしばらく使い続けてみましょう。

筆ペン初心者さんには穂先が短めで弾力があるもの書きやすいです。あとは用途別に、宛名書きなら耐水性を優先したほうがいいし、仮名文字なら極細を選んだほうがいいですよね。使用目的によってもお勧めの筆ペンが変わるので、まず何に使いたいのか明確にしましょう。
私は「くずし字を書いて覚える」ためと、最近目覚めた「写経」と、たまに「お絵描き」に使っています。


毛筆筆ペンの違いと選び方のチェック項目。

1. 穂先の種類(毛筆/軟筆/硬筆)
2. インクの耐水性(染料インク/顔料インク/墨液)
3. インクの交換方法(カートリッジ式/使いきり)
4. 穂先の種類(太さ/コシなど)
5. デザイン(筆ペン型/万年筆型/その他)
6. インクの色(墨/薄墨/朱色/カラー)




広告



1. 穂先の種類(毛筆/軟筆/硬筆)

一時的な使用ならどれでも構いません。
軟筆タイプと硬筆タイプはともにサインペンタイプともいい、筆ペンではなく、強弱のつくサインペンです。軟筆はスポンジのようなキュッキュと音がする穂先なので、はね・はらい等で先が抜けるような線は無理です。硬筆タイプは書きやすいけど、強弱があまりつきません。
このページを見ている方は、筆ペンを買おう!と思い、何がいいのか調べようとたどり着いた方なので、迷わず毛筆タイプを選びましょう

毛筆タイプの場合、天然毛か、人造毛か?
筆ペンのほとんどはナイロン等の人造毛です。天然毛の筆ペンは非常に少ないので、よほどこだわりのある方以外は無視してください。人造毛でも本物の筆と比べて遜色ありません。プラチナ 本毛筆はイタチの毛です。

開明の筆ペンは純毛筆、そして普通の書道に使える太筆があります。


[AD] 書道用品の谷口文栄堂(Rakuten)


[AD] コンビニマート(Rakuten)



2. インクの耐水性(染料インク/顔料インク/墨液/油性)

水性染料インク:水に流れる
水性顔料インク:耐水
墨液:耐水
油性:呉竹さんから油性筆ペン発売してます

郵便物の宛名書き、水を使う絵手紙などは耐水性の顔料インクがお勧め。
あかしや 天然竹筆ペン(顔料)、呉竹 完美王(顔料)、ぺんてる ぺんてる筆の一部(顔料)が代表的です。ぺんてる筆はグレー軸で区別してあります。




特に目的がなければどちらでも構いません。個人的には水でインクが流れるのが嫌なので顔料インクの筆ペンを選んでいます。墨液=水性顔料インクの認識でいいみたいですが、メーカーによっては何か違いがあるのかもしれません。

ちなみに、固形墨を擦らなくてもいいように開発された墨汁(墨液)の材料は、カーボンブラック・合成樹脂(or膠)・香料(龍脳)・他添加物だそうで、技術的にも進歩しているので、私が昔使ってた開明墨汁は乾きにくかったし乾いても直後は水に流れる感じでしたが、三菱鉛筆の新毛筆の墨液は速乾性と耐水性がかなりUPしています。そして墨の匂いはしません。膠を使わないと臭い消しの必要がないため香料を使わずに済むためかと思います。

500cc入りの書道用の墨汁を買ってきてカートリッジに詰めて使ってる方もいます(低コスト!)。特に問題はないそうですが自己責任で(インクの交換時はよく洗ってください)。



3. インクの交換方法(カートリッジ式/使いきり)

長期的、頻繁に使う場合はカートリッジ式がお勧め
あかしや 天然竹筆ペン(顔料)、呉竹 完美王(顔料)、ぺんてる ぺんてる筆(染料/顔料)などが代表的。


[AD] 書道用品の谷口文栄堂、他(Rakuten)



一時的に使う場合は固定式(使い切り/使い捨て)でOK
あかしや 新毛筆(染料)、呉竹 美文字筆ペン毛筆(顔料)などが代表的。


[AD] 書道用品の谷口文栄堂(Rakuten)



1060x660 Brush Pens


4. 穂先の種類(太さ/コシなど)

サイズが複数ある場合は、まず「中字」を選び、次から好みのサイズに変更します。私自身が筆ペン初心者だったので、使ってみた印象では、写経をする時の楷書のような字は穂先が短いほうが書きやすく(長いとコントロールが難しい)、くずし字のようなかな文字でサラサラ書くような時は極細で穂先が長めのほうが使いやすかったです。


太字・中字・極細が揃っている
呉竹 完美王(顔料)、ぺんてる ぺんてる筆(染料)がともに揃っています。




書きやすいと評判の「つみ穂」と「すき穂」
穂先の硬さも使ってみないとわからないと思います。ぺんてる筆の「つみ穂」と「すき穂」は書きやすさでは評判がいいです。ただし染料インクです。この つみ穂とすき穂の違いですが、
つみ穂は、穂先を摘んで筆のコシを強くしたもの
すき穂は、穂先を漉いて筆のコシを弱くしたもの
だそうです。




線のかすれについて
染料インク顔料インクに関係なく、インクが多い時、ゆっくり書く時はかすれず、インクが少ない時、はやく書く時はかすれます。

しばらく放置した後、インクを新しくしてもかすれる時は、カートリッジをいったん外して穂先を水洗いしてしばらく水の中に放置してください(ぬるま湯のほうがいいかも)。洗い終わったらカートリッジを付けなおして、黒いインクが出るまで書き続けます。最初は薄墨状態ですが、そのうち黒いインクが出てきます。



5. デザイン(筆ペン型/万年筆型/その他)

カートリッジ式の中でも、従来の筆ペンの形状のもの(長いです)と、より携帯性に優れデザインも美しい万年筆型があります。筆ペン型のほうが比較的カートリッジ容量が多いので、太い字を書いたりベタ塗りをする場合は筆ペン型が適しています。持ち歩く場合は万年筆型がおすすめです。


インクをたくさん消耗する用途には筆ペン型
呉竹 完美王(顔料)、ぺんてる ぺんてる筆(染料/顔料)などが代表的。


[AD] オフィスマーケット、他(Rakuten)


持ち歩いて使う場合は万年筆型
お手軽価格から高級品まで色々。ぺんてる きらり(顔料)、呉竹 COCOIROx毛筆(染料)、あかしや 天然竹筆ペン(顔料)、プラチナ 本毛筆/新毛筆(顔料)、呉竹 万年毛筆(染料/顔料)などがあります。





6. インクの色(墨/薄墨/朱色/金銀/カラー)

文字書き用途としては、墨・薄墨・朱色の3色が基本です。おめでたい時などに金銀などもありますね。お絵かき用のカラーの筆ペンや、Twitterでも話題になった墓石用の白い筆ペンもあります。





カラー筆ペンは以下の3つが代表的。色数の多さならZIGがダントツ。この分野では呉竹さんが頑張っていて、ラメやメタリックも出しています。
ぺんてる アートブラッシュ 全18色(染料)
呉竹 ZIG 全80色 リアルブラッシュ(染料)
あかしや 水彩毛筆 彩 全20色(染料)






最終的にはデザインの好み、持ちやすさを大切に。

いつも使うものですから、好きなデザインのものを選びましょう。私はあかしやの天然竹筆ペンが好きです。呉竹のCOCOIROはかわいい軸を選んで毛筆カートリッジを入れると、かわいい筆ペンになります。大人向けで高価なものには万年筆と同じデザインでセットになったものもあります。








広告