【メモと付箋】アスクル「貼ってはがせるオフィスのノート」ダイソー「メモふせん」

1060x660 ASKUL Sticky Notes

アスクル(ロハコ)の付箋(ふせん)紙、基本の4色展開。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

一番好きなサイズの付箋がなくなってしまったので、ロハコでアスクルの付箋を買ってみました。ちなみに好きなサイズは 38×50mm、4色20冊で ¥759円(税込)です。ちょっとした思いつきを書けるくらいには面積が広いし、細長くないから折れたり剥がれたりしにくいし、一番活用しているサイズです。

以前は3Mのポスト・イットで同じサイズを使ってましたが、違いがわからないくらいに普通に使えています。要件が済んだら捨てるくらいの期間でしたら、剥がれることもないし、くっつきすぎることもありません。

ダイソーの手帳みたいなサイズの付箋紙、こちらも4色展開。

こちらは 125×75mm のビッグサイズ。B5に3枚貼ったら埋め尽くされる感じです。たくさん書きたい時や、大きい文字で目立たせたい時なんかに使えますね。初めて見たサイズだったのでつい買ってしまいました。これもう、本当に手帳サイズです。

1060x660 DAISO Sticky Notes

アスクルとダイソーの付箋を重ねてみました。色味は微妙に違います。ダイソーの方が若干のりがペタペタするような気がしないでもない。

1060x660 ASKUL DAISO Sticky Notes

のり面は位置は画像の通りです。大きなサイズは手帳に貼っておいて、お買い物メモとかにするといいというアイディアを見かけましたが、今のところ、まだあまり出番がありません。私はB4の コピー用紙に何枚もペタペタ貼るので、上部にのりが付いてる38×50mmのサイズが本当に使いやすいです。

[LOHACO] 貼ってはがせるオフィスのノート:38×50mm / 4色 / 20冊

1060x660 ASKUL DAISO Sticky Notes

アスクルの付箋とダイソーの付箋、2年後の糊の変化。

長期間貼り付けた場合の接着面の変化ですが、アスクルの付箋は特に気になりません。ノート内に貼っておくような場合は剥がれませんし、剥がしにくくなるということもありません。むき出しだと、手が触ったりして剥がれてしまうので、その場合は強粘着をお勧めします。

1060x660 ASKUL DAISO Sticky Notes

ダイソーのメモふせんは糊がきつくなりました。1枚剥がそうとしても何枚かに1枚は紙が破れてしまうくらいくっついてます。短期で使い切るならいいんでしょうが、備品として置いて置くのには向きません。

来年はこの付箋使ってみたいです。