【万年筆】SAILOR 顔料インク STORiA ストーリアでオレンジ色を作ってみました

セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


STORiA(ストーリア)のオレンジ色が欲しいな〜。

こんにちは(・∀・)
いつも使っているオレンジ色が欲しい!ということで、混色してみることにしました。上の写真は、イエロー(2)×ピンク(1)の割合で混ぜたSTORiA(ストーリア)をハイエース ネオ クリアに入れたところ。ニブの銀色の上のインクが微妙に不透明でイマイチ感は否めない。染料の透明感には及びません。

※ 混色は自己責任です。最初は少量で様子を見て、詰まっても妥協できる安いペンに入れています。また、顔料系インクは洗ってもペン芯に残った色がなかなか落ちません。



広告




セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


オレンジを作りたかったので、レッドとピンクだけでも良かったのですが、一応イエローと全色組み合わせてみました。イエローを2滴ずつパレットに入れて、他の色は1滴ずつ加えてみました。ブルーとライトブラウンはイエローより重そう。


セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


特に混ざらないということはなく、混色は可能です。時間が経っても分離もしません。澱などもできませんし、特に問題はなさそうです。



オレンジ色のインク

[AD] 万年筆用インク(Rakuten)




セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


また画用紙に塗ってみました。欲しかったオレンジに近いのはイエロー×ピンクのほうかな。ということで、今回はイエロー(2)×ピンク(1)をハイエース ネオ クリアに入れました。レッドと混ぜたものは少し濃いめなので、イエロー(3)×レッド(1)のくらいの割合がいいのかも(後で混ぜてみたらこれもOKでした)。

より明るい黄緑(イエロー×イエローグリーン)もきれいですね。パープルとブルーを加えたものは、濃いめの茶色と深緑になりました。使えるのかどうかっていうと、イエロー(2)×ピンク(1)以外は万年筆には入れて使ってないのでよくわかりません。


セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


こちらはライトブラウンとの混色。パープルとブルーのみ2:1 (2がライトブラウン)、他は1:1の比率で混ぜてます。ライトブラウン(1)×レッド(1)は、赤い夕焼けのようなきれいな茜色になります。ライトブラウン(1)×ピンク(1)は、赤煉瓦、テラコッタのような色でこれも意外ときれいでした。混色の基本は、明るいほうのインクの量を多め、暗いインクは少量で加減します。

パレットに取ったインクは乾燥すると細かい薄片になって水に均一に溶けることができなくなるようです。公式サイトにも書いてあるけど、「毎日使うこと(で乾燥させないの)が最高のメンテナンス」のようですね。混色は自己責任で。次はアンティークブーケに似た色が作れないかやってみます。😂

STORiA(ストーリア)を全色揃えるならセットがお得。

[AD] 色工房 voice(Rakuten)


セーラー万年筆 超微粒子 顔料インク STORiA セット ストーリア 耐水インク 混色 自己責任


最初に入れたインクがなくなってきたので、新しくオレンジ色を作りました。今度はイエロー(3)×レッド(1)くらいで、約8mlくらい作りました。瓶入りのインクは朱色のように見えますが、ハイエース ネオ クリアに入れて書くと明るいオレンジになります。レッドとピンクの色味の違いはあまり気になりませんが、レッドとの混色のほうが微妙に彩度が高いかな。

今回は万年筆を水洗いしましたが、水に浸けただけでは、透明感のペン芯に色が少し残ってしまう感じです。セーラー万年筆の透明感系の万年筆にストーリアを入れるなら、同じ色を使い続けるほうが良さそうです。アルカリ電解水で顔料インクが落ちるそうですが、ハイエース ネオのキャップ(アルミニウム)とは相性悪いそうなので、今回は使いませんでした。どうしようもなくなった頃に使ってみようかな、と思っています。

続き:SAILOR 顔料インク STORiA ストーリア 極黒ミックスと青墨ミックス