FUKAI(フカイ)WET&DRY ハンディクリーナー FBC-777

FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777


軽くてちょこっとゴミを吸い取れるフカイのハンディクリーナー

こんにちは(・∀・)
以前、ハンディクリーナーを買った時は、吸塵力の強いほうがいいと思ってパワーの出るコード式にしました。でも最近、ちょっと掃除機かけたいなという時に、太くて長いコードにイライラ。コードは邪魔で引っかかるし、その上本体も重くて疲れてしまいました。重いといっても1.5kgなんですが、ハンディクリーナーで1.5kgあると妙にズッシリきます。軽くてコードレスの掃除機が欲しい! 軽さに絞って購入したフカイのWET&DRY ハンディクリーナーは820gと超軽量。今までのほぼ半分です。


FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777


充電時間ゼロ!単3電池で動くコードレスクリーナー。電池の持ちは?

届いたら充電式の単三電池を4個入れさえすればすぐ使えます。充電器や充電用コードも一切なし。めちゃくちゃスッキリしました。もちろん吸い込む力はお世辞にも強いとは言えませんが、目に付いた汚れや、食べこぼしを吸い込むには十分です。

追記
9月に購入して、前々回あたりで吸引力が弱くなってきたので(吸い込む時の音が弱くなりました)、3月に電池交換しました。時々の使用で約半年くらい持ちました。もっと頻繁に長時間利用するなら更に短くなりますが、充電式電池も使えるので特に困ることはありません。(2017.03.12)


FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777


分解は簡単だけど、紙パック式ではないので手が汚れます。

透明なカバーを外すとフィルターが見えます。ただの不織布が1枚覆ってるのをリングで止めてあるだけです。このフィルター部分に細かい粉のようなゴミが集まります。大きめな綿ぼこりや髪の毛は透明カバーの方にたまりやすいです。紙パックに比べたら少し手間ですね。

実は溜まったゴミはたまに捨ててましたが、この6ヶ月、フィルターは洗ってませんでした。😂 今回、フィルターを洗ったついでにフィルター部分にティッシュをかぶせてみました。フィルター掃除が簡単になるそうなので期待してます。また次回ご報告します。


FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777


電池式クリーナーはどれも低価格なせいか、デザイン的にも微妙な感じのものばかりです。今回購入したFUKAI製も、色がまったく好みじゃなくて仕方なくパープルにしましたが、届いてみたらそれほど嫌な感じじゃないです。でも、赤・乳白・青とかだったら3つ揃えても可愛いのにねー。





FUKAI フカイ ウェット&ドライ ハンディクリーナー FBC-777


ところで……ノズルが固くてここまでしかハマりませんでした。これ以上ムリヤリ押し込んだら今度は絶対抜けなくなりそうなんで、このまま使ってます。細かいゴミが落ちてないカーペット気持ちいいです! これでもう栗やサツマイモ系のお菓子をポロポロ食べてこぼしても安心です!😂

公式サイト:フカイ工業株式会社 | WET&DRY ハンディクリーナー FBC-777
JAN/ISBN:4995397177700