akashiya あかしや 天然竹筆ペン 鳥獣戯画(買いました)

こんにちは(・∀・)文房具と事務用品のレビューです。


あかしや 天然竹筆ペン 〈毛筆タイプ / 顔料インク〉

akashiya-01


製品名:あかしや天然竹筆ペン 透明ケース入りのデータです
品番:AK2000MP
JAN:4963095902023
方式:カートリッジ式
インク:水性顔料
字幅:
穂先:本造り毛筆(ナイロン素材)
本体サイズ:Φ12×172mm
本体重量:
専用カートリッジ:スペアインク SKI-200
専用カートリッジ JAN:4963095900401
専用替え穂:AK-1000H
専用替え穂 JAN:4963095901880
http://www.akashiya-fude.co.jp/050_product/natural_01.php


少しオシャレな和風の筆ペンなら、あかしやの天然竹筆ペンがおすすめです。毛筆タイプの筆ペンで、インクは顔料インクのカートリッジ式です。他メーカーと違って、替え穂先も用意されている点がエコ。壊れない限り軸だけはずっと使い続けることが可能なので、高級な漆塗りの蒔絵タイプもあります。極細の文字を書くには向いていませんが、かなり太い線まで書けます。穂先は柔らかめで、書道をやっている方に評価が高い筆ペンです。

私が最初に購入したのは漆調赤軸でした。黒っぽい筆ペンばかりの中で真っ赤な軸が目を引きました。後で自分用に「鳥獣戯画」の絵柄入りを追加。何種類かの筆ペンを使ってますが、文字の書きやすさでは個人的にあかしやが一番かな。



あかしや 天然竹筆ペンの長所と短所

⭕️ 書道経験者が認める書きやすさ
⭕️ 軸の見た目がきれい(カスタマイズも可能)
✖️ 筆ペンビギナーには穂先が柔らかくて少し使いにくいかも(慣れる?)
✖️ お店に置いてなくて通販頼み
✖️ 細字がない →使い捨ての極細毛筆「彩」があります



akashiya-02


トーハクで鳥獣戯画展をやってた時に見つけて購入しました。通販でも購入可能です。


akashiya-03


キャップ・軸・替え穂先・墨液カートリッジに分かれます。他の筆ペンと違い、替え穂先があります。気に入った軸はずっと使い続けることが可能です。インクカートリッジが半透明で残量が確認できるのも良いですね。最近、中身が見えなくなってる替えインクが多いので、些細なことだけど評価ポイントです。


akashiya-04


長く利用することを考えてか金属のネジ切りですね。


hikaku-01


筆ペンでくずし字の練習をしていますが、見本を真似して書こうとした時に、真似しやすいのがあかしやの筆ペンでした。普通に使用している分には大きな違いは感じられません。軸にこだわりがなければ完美王、ちょっと味のある筆ペンが欲しい時はあかしやがいいのではないでしょうか。



akashiya-06

akashiya-05

この白い印字と、鞘の頭の「筆」マークがなければ、更にカッコイイのになー。漆調の軸は使ってるうちに見えない細かい傷がすこしずつ付いていくのか、艶が微妙に消えていきます。長く使った感じを楽しめるのは竹軸のほうかな?


筆ペン(毛筆タイプ)の比較とおすすめ、選び方