MSゴシック MS明朝 フォントをMac にインストールする方法

Office for Mac 2011の評価版のダウンロードができなくなりました

こんにちは(・∀・)
Office for Mac 2011の評価版がダウンロードできなくなりました。当該ページはOffice 365 Soloのベージに変更されていて、評価版のダウンロードにはクレジットカードの登録が必要になっています。

フォントのみをダウンロードできる海外サイトと、Office for Mac 2011試用版のダウンロードができる海外サイトを下にリンクしました。MSゴシックとMS明朝は、フリーウェアやシェアウェアの扱いらしいです。

プロポーショナルフォントのMS Pゴシック(MS PGothic)とMS P明朝 (MS PMincho)を含む4種のフォントは、Office for Mac 2011試用版に収録されています。



広告




MSゴシックと MS明朝がダウンロードできる海外サイト

Mac用のMSゴシック ダウロードページ
http://www.fontpalace.com/font-details/MS+Gothic/
Mac用のMS明朝 ダウロードページ
http://www.fontpalace.com/font-details/MS+Mincho/



Office for Mac 2011の評価版がダウンロードできる海外サイト

Office for Mac 2011の評価版 ダウンロードページ
https://www.heidoc.net/joomla/technology-science/microsoft/61-office-2011-for-mac-direct-download-links
リンク先の Japanese (Japan) MicrosoftOffice2011.dmg をダウンロードします。



カスタマイズでフォントだけをインストールする方法

試用版のインストールで、アプリを試用しない場合は、「カスタマイズ」を選んで、フォントだけ選んでインストールすることができます。





〈上図〉左下の「カスタマイズ」ボタンを押す。




〈上図〉Officeフォントだけにチェックを入れる。他のチェックは外してください。




〈上図〉インストール後にフォント候補に現れるようになります。


以前は、Office Macを購入して使用していたのですが、ほとんど使用する機会がありませんでした。その後、過去のOfficeファィルを開くために、OpenOfficeを使っていたこともありますが、現在はGoogle ドライブのスプレッドシートで間に合うようになってしまいました。ちょっとだけ表計算が使いたい方には、Google ドライブのスプレッドシート(無料)がお勧めです。